銚子産イワシの、つみれ鍋

tumire01.jpg

■銚子産イワシの、つみれ鍋

銚子から西田社長がやってきてくれました。

テイクオフの西田社長は、いまネットでドレス販売していて、倍々以上の伸びをしている、すごい社長ですね。

昨日、紹介したプロ歌手の美崎唯さんもいっしょ。

で、彼が銚子のイワシのつみれと、いかのすり身をもってきてくれましたが、これがすごい。

西田社長の話だと銚子の魚屋さんが、マイワシじゃあなくて、背黒イワシだからイマイチ……そこで、アジをくわえてつみれにしてくれたとのこと。

tumire02.jpg

しかし、この背黒イワシってのが絶品でした。

アジが加えてあったからかもしれませんが……絶妙な組立てですね。私は、鍋を用意してちょっと軽目の出汁をつくり、ブリでも入れてこれも出汁がわり。あとは野菜を切って待ってただけでした。

つみれをスプーンで丸めて入れて少しすると火もとおって、味は絶妙。さらに野菜が徐々にいい味になってゆきます。

冷凍しゃないつみれの威力は抜群でした。

先週の土曜日は、千葉の館山で海産物を堪能し、今日は、銚子から直行でつみれをもってきて頂いて堪能。

すばらしいですね。

■自分の曲がカラオケに入っているのは奇妙ですね

で、美崎さんの入曲祝い……ってわけで、めずらしくカラオケに行きました。シダックスのカラオケビルは、私のマンションから歩いて5、6分のところにあって、部屋へ。

どおやら通された部屋は、USENの曲がない。で、頼むと他の部屋に通されました。部屋別で第一興商とUSENがわかれてるのですかね。ま、それはともかく「まだやるぜ」と、曲名検索すると出てこない。なにやら不安。

そこで歌手名で、美崎さんを検索すると

「オッ、あるじゃん!…」

そこで開いてみるとタイトルは「団塊の世代への応援歌……まだやるぜ」と、まあ丁寧なものとなっていました。

書店に行くと、自分の本がズラッとならんでいるのには、慣れっこになっている私ですが、さすがにカラオケには初登場。奇妙な感じでしたね。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 銚子産イワシの、つみれ鍋

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/159

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年5月31日 07:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新曲発表UGAに入曲……唄ってくださいね」です。

次のブログ記事は「リビングにビールサーバー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。