「らくらく年金」プレス発表

fanjapanpress.jpg■ファンジャパン「らくらく年金」プレス発表

最近、私は株式会社ファン・ジャパンという会社の役員に就任してマーケティングの責任者になっています。

そのファンジャパンは「らくらく年金」というシステムの業界向けの発表を本格的に行いました。これは画期的なシステムで、これから本格的に普及啓蒙することになるのですが、そのプレス発表を、有楽町の外国人記者クラブで行いました。

まだ若い人には実感がなく、また退職した人には、そう問題はありませんが、いまの日本は将来的には厳しい状況に置かれていますね。

「年金の実質減少」「給与が伸びない」「物価高」「現実味を帯びる増税」「福祉不安」

この5つの問題が生活者に、じわじわとふりかかってきています。

これに対して確定拠出年金法に基づいて完成したのがファンジャパンの「らくらく年金」です。このシステムは、以下のようなメリットをもっています。

経営者にとってのメリット……中小企業、さらに小規模な企業の経営者にとっては、なんと手残りが増えるシステムであり資金繰りに貢献します。それでいて社員に対しては手厚い対応になるというものです。

社員にとってのメリット………社員にとってのメリットは、小規模企業でも積み立てをしておけば、なんと大企業なみの退職給付がうけられます。これはかなり画期的なことですが、本格的な発表はこれからですね。

代理店にとってのメリット……代理店は、企画塾は会計事務所の方々と中小企業を支援しているJMMOがあり、こうした方々を中心になっていただこうと考えていますが、顧問料がさらにふえる仕組みをつくってあります。もちろん他の方々も代理店になっていただくこともあります。

こうしたメリットの多いシステムは、これから本格的な告知に入りますが、システムは、ほぼ完成しており(よくまあ、こんな膨大なシステムをつくったものだと思いますが…)この普及啓蒙のシステムとして、私のほうが代理店システムやその他マーケティング関連の整備をはじめつつ、発表に至ったわけです。

今後、ブログでも、また他の手段でもいろいろと告知しますので、ちょっと気にかけておいてくださいね。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「らくらく年金」プレス発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/157

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年5月29日 06:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ただいま、ブログ作成中」です。

次のブログ記事は「新曲発表UGAに入曲……唄ってくださいね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。