土曜日の朝の光景

CIMG2942.JPG

■今日は雨か……

5時半頃の新宿副都心方面の光景です。

本来なら、代々木公園の向こうに林立する高層ビル群がまるで見えません。肉眼では、多少見えるのですが撮影したものでは、ほぼ見えないようですね。

天気予報では、午後は雨らしい。さらに明日も雨のようですね。

朝の光景は、それを象徴するように、朝もやがかかったような状況です。

今日は土曜日ですが、午前2組、午後2組の来客があって、それまでに少し準備をしないといけませんね。

■朝の効用……締め切り効果

私は、朝ひと仕事をするのが30年近い習慣になっているので、別段、ごく普通のことなのですが、夕方の仕事のペースを朝の仕事のペースの違いはなんなんだろう……って考えたことがありますが、人間の生理的なリズムの話をする人は多々あるのですが、これは、まあ、諸説ふんぷんで、かつ専門家ではない私にはわかりませんね。

ただ、仕事をするビジネスマンとして、また著作を多作したビジネス書の著者としての意見は、どうやら締め切り感覚かもしれないと結論を出しているのですがね。まあ、セコいという表現ができるかもしれません。

朝、仕事をするということは、0900がすぐに来る。

0500から仕事を始めると、カウントダウンのように時間が迫ってきますね。

ところが夜、仕事をしていると、明日の0900までに、まだ時間がある……まあ、寝る時間をちょっと減らせばなんとかなる……場合によっては、ちょっと仮眠するくらいでいいか……いやいや最悪は徹夜でもいい。

こういう意識がどこかにあると、0500から0900まで4時間しかない!

という意識と、たとえば2100から0900まで12時間ある……という4時間と12時間の落差。

その結果、ヘタをすれば3倍もの時間の感覚のズレがありますね。

極論すれば、夜仕事をしていると、3分の1の生産性になっているかもしれない……ということかもしれません。

朝、ことに0900までの準備を整えようとすると、非常にシビアになって、仕事の密度が高まってゆきますね。締め切り前に仕事のスピードがあがる……結局、これと同じかもしれませんね。

で、0500にデスクについて、すこしゆとりがあると、非常にゆとりを感じますが、一方、夕方、時間のゆとりがあると、じゃあちょっと一杯行くか……ってなことで、そのまま2次会、3次会……どっちがいいのでしょう。

あくまで私見ですがね。

締め切りにしばしば追われた私の実感です。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 土曜日の朝の光景

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/153

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年5月24日 06:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2週間のハードワークもあとちょっと」です。

次のブログ記事は「溶岩をくりぬいた鍋でたべる幸せ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。