外鍋もいい……本日は「水炊き」

■ 3月31日(月)……ひさびさの外鍋は「水炊き」
あるプロジェクトの起ち上げを手伝っていますが、そろそろ直前になってきています。あと1ヶ月半くらいか…その件で16時過ぎから来客があり、その細かいツメのひとつをしていました。
ターゲットを具体的にツメる作業ですね。
細かい作業が一段落した18時過ぎには、ひさびさの外鍋に出かけました。書斎で皆さんにふるまうのが私流なのですが、今回は外鍋。
20080331mizudaki.jpg

かれこれ10年以上は行っている青山通りをちょっと一筋入ったところにある、お店で「水炊き」と「焼き鳥」のお店です。ま、ほとんど水炊きが評判がいい「酒井」というお店
「水炊き 酒井」でグーグルを検索してみると、なんとなんと、8800件もヒットするので驚きましたね。

この冬は、けっこう断られて他の店に行きました。

以前は、ママに「ヒマ~」とか「もっと人連れて来なさいよー。来ないとウチ潰れるわよー」

なんて、脅されてちょくちょく行ってたのに、この1、2年は、そんな話はなくて電話すると、「ふふふ…今日はいっぱいよ…」。

と軽く断られることが多くなりました。

ネットに8800件も書き込みがあれば、それはすごいですよね。

ママもそれが自慢らしいですね。ネットがうまく機能したケースですよ、この店が満杯になるのは。

水炊きの店は、東京ではそうそうありませんからね。希少価値とネットの整合性は非常にいい相性ですね。

やはり、渋谷でもんじゃの店「ゲロゲロ」は流行るのでは

水炊きは、九州の人たちは好んで行きますが、東京には少ないですね。九州は博多の水炊き専門店に「いろは」がありますが、私は博多に行くとちょくちょく行きますが、これは絶品ですね。

ところで水炊きは、ウチ鍋(自分ちでつくる鍋)はちょっとムリですね。

なんたって、水炊きの調理法は、長時間かかります。スピードクッキングの私の作法には、そうとう真逆の作法。

骨付きカシワをとにかく炊き込んで、上に浮かんでくる脂質をとりにとる。鳥の脂ってのは、黄色い脂で次々浮かんできますからね。これをひたすらすくってくのですよ。これだけで数時間かかる話ですから、私んちではムリというもの。

で、外鍋で美味しく頂きます。

骨付きカシワでとったスープ。それにダシガラに近いカシワが入って、そこに白菜、しいたけ、えのき、菊菜など、よくある鍋の素材を入れてつくるわけですね。とり皿にはポン酢。

とにかく、けっこうイケます。

■どれだけの企画がここで生まれたか

私の事務所は、この10年で4ヶ所は変わってますね。職住接近で生活しているので、自宅も5ヶ所くらいは変わったかな?で、この店は、常に事務所、自宅から5分圏内にありますね。

昔から私の事務所は千客万来だったので仕事のあと、スタッフやお客様や知人……とにかく多くの人を連れていきましたね。で、お店ですからね。食べて呑んでますが、もちろん話ははずんで、内容は大半が仕事の話。

どう工夫するか、どんなツールを組み立てるか、ターゲットとはずれないか?……もうCTPTマーケティングそのまんま。ここで仕事のヒントが出たこともあったり、私の企画内容が、スタッフの腑に落ちない場合、文字通り水炊きと一緒に腑に落としてしまったことは多々ありますね。

食事をしながら呑みながら企画談義をすると、腑に落ちないものも、物理的に腑に落ちちゃいますからね。

この店に限らずですが、酒を呑んでると、知恵の鍵やKFS(KeyFactor of Success)は続々と出てきますね。で、それを早朝起きたときにさらに思考回路を回す。で企画に組み立てる。長年つみあげてきた様々なキーワードや構造に、これらのヒントを流し込んで、さらにリニューアルする。人生おもしろいですね。

こういう呑み屋さんがなかったら、私の人生どうなっちゃってるんでしょうね。

 


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 外鍋もいい……本日は「水炊き」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/105

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年4月 1日 07:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「盛り上がるMP講座のあとの懇親会」です。

次のブログ記事は「4月…出張の日々…お会いできるかも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。