4月19日(土)10年ぶりの人、20年ぶりの人に再会、そして呑んでばかりの半日

■4月19日(土)PT研&Z塾

昨日は、PT研を中心としたZ塾の日です。セミナーがある日は、なにかとあわただしいですね。ま、慣れっこですが。

早朝に起きだして(まあ、いつものことですが…)進行中の新事業のスキームをいろいろ作り上げていて、一段落してコーヒーブレイク。で、ブログアップして、またまた仕事をして9時前、スタッフとコーヒーを飲んで打ち合わせ。その後、来客あり……と思ってたら、どうもリスケジュールしてのに、そのことを忘れてた!……ヤバい!

まあ、ダブルブッキングよりマシか……と、時間ができたことをとりあえず喜んで、雑務をこなす。

ランチを終えて、オフィスに戻ると、なんと20年ぶりの方が…!

おそらく前にお会いしたのは1990年前後。17、8年、ほとんど20年ぶりではないか……という再会。午前の弊社のセミナーにご出席いただいていたとのこと。その後、ご用があるとのことで、ご挨拶程度で終わりましたが、連休後くらいにまたお会いすることで失礼しましたが、なつかしい人が尋ねていただくのは、嬉しいことですね。

■10年ぶりの方もご登場

Z塾には、ゲスト講演のコーナーがありますが、講師は、村山涼一さん。著書にパワーコンセプトの技術 (講談社BIZ) や、最強の戦略は「図」で立てる (PHPビジネス選書) など、10冊以上の本を書いている売れっ子のマーケティングプランナー。あえてマーケティングプランナーと言うのは、最近、マーケターと称する人にあやしげな人が多いのでね。

村山さんは20年前に、企画塾で勉強してました。ご本人は講演後の懇親会では、企画の勉強しないで、ボクと酒ばかり呑んでた……って話をしてましたが、1990年くらいの塾生さんなので、3期目かな。

いまMP(マーケティングプランナー)養成講座をやってますが、これは2003年ごろから始まったもの。それ以前の1988年からスタートした「企画塾」は通信教育と添削交流会という、いまでいうオンラインとオフライン的なやり方をしてましたか。

1990年ごろだと、企画書を書くと言っても、たぶん手書きかワープロの時代ですよね。当時の村山さんの課題はどんなのだったのだろう……なんて思いながら講演を聞いていました。

コンセプトメイキングのお話を中心に、なかなかパワフルで、みなさん非常に参考になったと満足しきりでした。

村山さんとの付き合いは、塾生としてよりも、おそらく彼が講談社時代に、私の書籍で「企画書として読む日本国憲法」「高橋憲行の企画書」という2冊を講談社から出版してて、きっとその打ち合わせがてら来社してもらってるときに、呑んでたのでは……

その後も彼の結婚式にも出席したりしてましたが、この10年くらい、ちょっとご無沙汰でした。「便りのないのはよい便り」という格言のとおり、そうとうに頑張っておられるわけで、すばらしい再会でした。

■さらに10年ぶりの方が、もうおひとり

10年ぶりの方は、村山さんに限りませんでした。りそな銀行の「お客様サービス部長」(一般の銀行では支店長)となった井上理律子さんも、10年ぶりくらいに再会。企画塾流の企画書や提案書があって、社内的に非常に評価されていただいてますと、企画塾を、よいしょしていただきましたが、話半分でもお役にたってるとうれしいですね。

CIMG2616.JPG皆さんの、ますますの発展を祈ってます。

村山さんの講演中に電話がかかってきて、とあるお店のママさんから「えらい人が来るので、パーティになんとか出席してほしい…」という話。

■さらに深夜近くまで……

そこで、盛り上がっている懇親会を失礼して、別のパーティへ。

そのえらい大先生は、先日、大阪の「くいだおれ」にも連れていっていただいた方でした。どのくらいえらいか……っていうと、日本には神道の分派がいろいろあるのですが、出雲や伊勢は別格として、13くらいの神道を束ねている管長さんなのです。

お寺でいえば、末寺をゴマンとかかえる曹洞宗でいうと、総本山の永平寺か総持寺の管長さんクラスですよ。雲の上の人って感じですかね。

なにやら私は飲み友達にして頂いてて、たぶん80才を超えておられると思うのですが、私の著作も読んでおられるらしく、いろいろ私の著作の中身の質問をしてこられるのですよ……それもすごいが、呑む量もかなりのもの。

で、さらにもう1軒行くことに……

神道の思想と、エコ思想との共通点で盛り上がりました。

1軒目の懇親会では、話しててあまり食べてなくて、2軒目のパーティは、みんな食べ終わっててできあがってた感じで、3軒目は神道とエコ談義。深夜近くに帰ったら、ちょっとおなかがグー。

空腹には耐えられずに冷蔵庫を見ると、出張前で冷蔵庫は順次カラにする習慣があるため、めぼしいものはない。

で、冷凍庫をあけると、「おお!……よくぞいてくれた!……」ちょっと大ぶりのホッケが……

というわけで、ホッケをレンジで温めて秘伝のにんにく醤油をかけて、やはり、ちょっとカタめの寝酒をのみながら、1日が終わりました。

「神道」のあとで「法華」だと、大大先生に宗旨替えだと怒られるかも。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月19日(土)10年ぶりの人、20年ぶりの人に再会、そして呑んでばかりの半日

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/123

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年4月20日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「出張ウィーク・スタンバイ!」です。

次のブログ記事は「九州、関西出張」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。