2008年4月アーカイブ

 

kenkokai01.jpg■一昨日、4月28日(火曜日)は、KENKO会

昨日は、世の中連休モードなので、1日か2日は、ブログをさぼるかな…なんて思いながらの連休です。

仕事はヤマ積みなのですがね。

さて、もう一昨日になりますが、kenko会というのがあって、皆さんが集まってきました。

ま、私の書斎は、半分呑み屋のようなもので、出張以外は私が東京にいるときには、なにかしら、来客があります。

最近は、いろいろお客様との宴会が多くなってスタッフとの宴会がかなり減ってきているな……なんて思いつつ、またまた宴会です。

この写真のように陽が落ちてくると、おっと、そろそろ準備か……ってわけでキッチンに入ってさっさと準備をはじめます。

この一見、静かそうな空間が、一気に宴会に突入すると雰囲気は一変して、それはそれは賑やかな空間に変貌します。

まあ、2つ目の写真のごとくですよ。

なかなかいい雰囲気でしょ。

なにがいい雰囲気かは、ともかく、いい雰囲気なのですね。

kenkokai03.jpgここに参加しているのはNBC(ニュービジネス協議会)のメンバーで、気心の知れた人がいつの間にかあつまってくるようになりました。

そうそう、もう何度目かになって月例会になってますが、前にもアップしてますね。前回の人たち、今回も皆出席ですからすごいですね。

他は皆出席してる人なのかな?

なんか大学のゼミなどは、うまい理由をつくってよくサボってた人のように見えますがね。かく言う私もそんなひとりですが……そんな人のほうが起業したり社長にはむいてるみたいな気がしますよ。

起業するには、失敗を処理して成功にもちこむには、野生のカンがいりますからね。これは大学のゼミなどのお勉強ではできない。 

まあまあ、ともかく、おかげで私も、この年になってゴルフなどをはじめることになったのもこの気心の知れた人たちのおかげですね。

kenkokai02.jpg5月皆さんとゴルフに行くのは、楽しみだなあ。

 ■経済団体などの会合を続ける人、やめる人

ところで、こうした会を、やめる人がいるという話になって、ちょっと思うことがありました。

ちょっと、3次元の尺度を考えてみてください。

X軸……利益になるか~あまり利益にならないか

(機能論【利益意識】~社会論【仲間意識】)

Y軸……長期に考えられるか~短期に考えるか

(長期思考【戦略思考】~短期思考【戦闘思考】)

kenkokai0.jpg

Z軸……人の気持ちがわかるか~わからないか

 

(顧客思考【まず人が潤う】~自己チュー思考【まず自分が潤う】)

 X軸は、機能論でものごとを考えるか、社会論で考えるかという差です。すぐ利益にならなくても、いい人にめぐり合えるという価値観を持てば、まったく楽しい世界が待ってますね。

この呑み会のようにね。

Y軸を考えてみましょう。

こうした集まりは、経営者の人的集積ですから、さらにその後ろに経営者がいますね。すると集まっている人の10倍以上に人脈があることになりkenkokai04.jpgます。

したがって長期に考えていると、非常に多くの人にあえてメリットを享受できますね。短期に考える人はそれはムリというもの。

長期思考は、戦略思考に似てます。短期思考は、いますぐ…ってわけで戦闘思考ですね。多少の小銭は入るでしょうが、会社は決して大きくできないし、多くの人を幸せにはできないですよね。

Z軸は、一種の顧客思考か、人の気持ちがわかるか…ってことですからね。別のいい方をすれば、キレる、キレやすい人は、まあ顧客思考はありえないでしょう。自己チューは、始末が悪いですが、まあ、世の中には多数の自己チューがいて、たいへんでしょうが、ジコチューの人をなんとかするのも社長の務めですからね。

ここにいる社長も、いろいろ苦労しながらコントロールしてるんでしょうね。

ま、ともかく、このXYZの3次元にその人をプロットしてみると、やめる人は、やめるポジションにいますね。まあ、人の気持ちを考えながら戦略的にがんばる人は、成功するということですね。

おっと、パーティの楽しさを壊すような話をしてしまいました。

最後の写真のふたりの社長が、今回の主役の誕生月でした!

一見、かわいらしいOLさんに見えるでしょうが、これがどうして、何10人か、何百人のスタッフを抱える社長さんですからね。ちなみに写真は修正して若く見えるような処理はほどこしておりませんので、念のため。

最近のフォトショップの機能を使うと、何でもありですからね。

決して誓ってやってません。ハイ。

 

ところで料理の話をする時間がありませんでしたが、これはちょっと新しいバージョンで、そのうちに紹介します。

まだ、名前がありません。

 

 
 

 

 

■4月27日(日曜日)なのに……

26日(土)は、始発で羽田から発って博多に行き、最終便で帰る……って強行軍でした。先週は月曜日は、長崎、佐賀、火曜日は博多で月例会、水曜日は関西で月例会、木曜日は東京に帰ってケータイ広告大手の本格ゼミのキックオフと別件の新事業の打ち合わせ、木曜日は朝は別件、昼からは東京での月例会、終わってすぐに別件の新事業がツメの段階。これはベストな形で次のフェーズに突入。土曜日は再び博多。

けっこうタイトだったせいか、日曜日の朝、どうやらカゼっぽい。

会社のほうは土曜日はMP講座、そしてこの朝からMPAの会議。朝は、ちょっとスタッフとミーティングをして、事務所に帰り、ちょっとお客様と打ち合わせをして、クスリ屋さんに行き、カコナールを買う。なにやら元気の出るという栄養ドリンクもすすめられたので、うまくすすめるよな~……なんて思いながら、こちらはカゼを直したい一心で買う。

書斎にもどり、午後3件の来客があるため、クスリを飲んでちょっと休む。

ランチに出るのと夕刻の来客用の買出しをして、帰宅。

で、0200すぎに来客。新事業の起ち上げ前、いろいろと現場を動いている方とミーティング。事業のフレームについては、あらかた完成にむかっているが、現場の状況の詳細な掌握がいる。

CTPTマーケティングでは、PTの細部を設計しT(ツール)をベストにしないと、これがおもわぬハードルにぶつかり、どうにもならなくなるので、その打ち合わせを……やはり現場はいろいろあるな……と、非常に参考になり。また後日に詳細をつめることに。

0300次の別件の新事業の来客。こちらも着々と進捗しており、さらに磐石にするためにいろいろな策を提供しておく。

担当の方が、センスがいいので、こちらがアドバイスをすると、さらに構造的に組み立ててもらえるので、これは助かる。いい感じでまとまるだろう。もちろん不覚の事態を予測して先手をうっておく必要はあるが。

sashimishabu.jpgま、それは私の仕事かも。

1730ごろ次の来客は鍋つきでやるので、そろそろ鍋の準備。

1800には、来客が……

ま、30分で10人分の準備はできるので、3人用などごく気楽にできますが、この日のメニューは、私の都合で、例の「根生姜のさしみしゃぶ」のちょっとしたバリエーション。

なんせ、カゼ気味なので、身体をあたためようと、根生姜を炊くことに。いつもの根生姜と違い、たまねぎを2個スライスしてまるまる煮込んだベースに、さしみしゃぶをやることにしました。

私の勝手で申し訳ありませんね。

新事業の話に終始するだけでなく、いろいろあちこち脱線しながらの宴会でした。

2100ごろにはおひらき。さてさて私は身体を冷やさないようにして、対策万全で練ることに。

とはいえ、今朝起き出して、症状は、正真正銘のカゼですね。これから朝イチで医者にいって対応してもらいます。

病気は休みの日にしかしない。

と明言しているのに、月曜にかかってる。マズイですね。

今日はまた、経営者仲間が10人近く来て、私がもてなす大変な、いや、おもしろい日です。

 

 

 

 

hakatahayakitori011.jpg■25日(金)あいかわらず、いろいろ動き回った1日

25日(金)は、朝方から午前は新事業関連の仕事をまとめながら、午後になると会計人の皆さんが集まってのJMMOの月例会。

1400過ぎに別の新事業の案件で、お客様の来訪があって、その対応をしているうちに、そろそろ月例会の私の出番が……

私の出番は1500。

で、月例会へむかう。

hakatahayakitori02.jpg皆さんの前で、案件をお持ちの方の、公開カウンセリングをまずすませる。続いてK’s eye(ケーズアイ)という私のコーナー。

時事関連の情報を提供するのが、このコーナーでとりあげています。

事業承継関連法案の施行が、10月にせまっており、事業承継関係のプロジェクトが、にわかに盛り上げっているため、それを中心とした企画塾hakatahagomaburi01.jpgのとりくみを紹介。

事業承継関連では、5月13日(火)に、私もかかわって、「中小企業経営革新研究会」が立ち上がる前のキックオフ的シンポジウムがあり、この紹介もしました。

企画塾は、4年前に「相続式」を世界初でプロデュースしていますが、事業承継が脚光をあびはじめていることもあって、この相続式を本格的に拡大しようとしていて、この説明もしていた次第。

さらに、公開カウンセリング案件があり、月例会が終了すると、懇親会を失礼して、そのままタクシーにのって別のプロジェクトの打ち合わせに…いろいろ案件山積だが、新事業はスタートすることに。

ちょっとこれからたいへん。

 

 

hakatahagomaburi02.jpg

プロジェクトの打ち合わせと懇親をかねて食事を終えて1000すぎに帰宅。26日は早朝羽田発なので、さっさと爆睡。

■26日(土)再び博多へ…なんとか今週も終わる

26日は0400過ぎに起床して出張準備。

0500自宅を出て渋谷に。5時の渋谷駅は、けっこうな人がいて驚く。こんな時間に電車に乗っている人たちは、昨夜からの人なのか、今日、これから仕事にむかう人なのか……いろいろ考えているうちに品川、そして羽田に。

0625羽田発で博多へ

PCで仕事をしているうちに、博多へ到着。博多は今週2度目。

0850むかえの方が来られて、そのままセミナー会場へ。

すばらしい先端技術をもった企業の幹部候補生の養成セミナー。で、企画塾流の企画書を2回にわたって実践してもらうもの。1日はあっという間に終わる(1700終了)

1740ごろ、セミナーを運営しているスタッフの皆様と懇親会へ。空港むかいの「白水」という焼き鳥の店に……なんか、そんな名前の焼酎があったような……白水だけしかない店かな……なんて思いながら入ると、そうでもないらしい。

ビールで乾杯するまもなく、石飛さんが「ゴマさば」が、めちゃくちゃ美味しいですよ!……

と、おすすめ。博多は美味しいものが、山のようにあるが、この「ゴマさば」はすごいらしい。

さっそく頂戴する。美味い!…

それが、その写真。

ところで集まったスタッフの皆さんは、石飛さん、秋満さん、月成さん、吉次さん、という博多でバリバリ仕事をしている人たち。で、そのお名前は、一度聞くと忘れないような、お名前。はじめて聞く名前ばかりです。吉次さんは15年前に企画塾を受講していただいてたので名前はもちろん存じ上げてましたが、あとにも先にも吉次さんは、この方だけ…)

どこにでもいて、忘れられるような「高橋」って名前は、ほんとに名前負けだなあ…なんて思いながらの懇親会でした。

そうそう、ゴマさばの話がどこかにいってしまいました。

さばの刺身にゴマ、キザミ海苔、こねぎ、わさびがあり、もちろん博多の醤油。これをらんぼうに混ぜて食べるだけのシンプルなもの。しかし確かに美味い。

今週のハードワークが癒された1日でした。

とはいえ、今日は日曜日ですが、午後から来客が3件。

ちょっと準備をしておかないと……ってなことでやはり連休は、仕事ばかりになるようですね。

みなさんは、ゆっくりとお休みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■人生を変えざるをえなくなった本

昨日アップしたブログは、昔の事務所が思い出される光景だったのですが、その事務所や周辺の呑み屋で書いていた本の2冊が、この本。バカ売れした結果、私は、ビジネスマンになろうと思ってたのに、「センセー」業に、ならざるを得なくなってしまったのです。

3dimennsion033.jpgもともとセンセーは嫌いで、本なんてものは、名刺がわりで、つくっておいてビジネスに有効に働くツールでいいや…

ってくらいの感覚で最初の本を書いたら売れない!……まったく売れない。

江戸の仇は長崎でとる……ってのは、流儀に反するので、コノヤロー!……って感じで本の恨みは本ではらそうと思い、2冊、3冊と書いていくと、前より売れるが爆発するわけではない。ところがそうこうしているうちに、自分の一番書きたかった本を書いたら、爆発的に売れ、「これ、見積りは○○○ですが、いかがですか?」って交渉ごとができなくなってしまった。

「センセーが見積りを持ってくる!」「そのお話は、センセーとではなく、秘書のかたと……」

というわけで、ビジネスの下駄をはずされたようなことになってしまいました。

プータローから、いきなり企画の大先生になっちゃったのです。

売れるのもいいが売れるのも困る。

この後、テレビには出るは、出版の話は殺到するは、けっこう大変でした。テレビ出演は最悪ですよ。

「拝見しました!」「昨夜でておられましたね」……なんて、大阪はキタや事務所付近の西中島の呑み屋で呑んでても、人が名刺をもってくる。これはもうプライベートがなくなる!……おちおち呑んでられない。

なんとかビジネススタイルに変えないと……って思ってもセンセーにされてしまう。

それまでは相手の大企業の担当者から「オイ、ケンコウちゃん」なんて呼ばれてたところへ、その上司や役員が出てきて「あのう…高橋先生…」って名刺交換に来るわけだから、その担当は居心地が悪くなってしまう。

もう、私はこの本で、ビジネスから距離をおいて、しかたなくセンセー業にシフトせざるを得なくなりましたよ。

人生最悪の本だったかも。

■新しい産業構造の見方

その大阪から深夜帰宅して昨日は、年率、ものすごい勢いで伸びている携帯関連のトップ企業のセミナーに…これから5,6回のコースの最初の講義がはじまったのですが、その1ページには、その本に書かれていた、私流の産業構造の見方。

25年前に発表しておいて、新しい……はありませんが、まあ、なつかしいって感じで、ちょっと紹介しておきましょう。

まあ、このあとは時間のある人だけ読んでくださいね。

 
産業は線型ではなく、構造的に変化している

3dimennsion011.jpg■ 線型に発展していない産業
 経済社会の発展につれて、第1次から第2次、第3次へと産業従事者数が多くなるという古典的な産業分類を、日本では長らく国家的に使ったことから、あまりに有名だ。
 ところが産業構造が大きく変化し、最近の進展著しい新しい産業に、この産業の線型発展理論を便宜的に適応する人たちが多いのは問題だ。
 たとえばファッション産業や情報産業に対して4次産業とか5次産業とか、単純な産業構造発展論を示す学者や評論家が多いことから実務を遂行する人たちに混乱を与えることにもなる。
 1、2、3と発展するからもっと発展した形態は、4、5、6という単純発想では、見えるものも見えなくなる。
 産業構造は、そんなに簡単な段階的発展をしているわけではないだろう。
 ここでは産業分類について、私の提唱した三次元産業分類という考え方を紹介してみたい。高い感性に関わる産業や情報産業が、多少ともわかりやすくなるはずだ。ちょっと段階を追って説明してみることにしよう。

 

■ X軸産業(物財産業)の時代
 図示のように生活が自然と一体化している時代は自給自足部族社会で、いわゆる先史時代だ。もっともアマゾンや西イリアンの奥地では、今なおそうした生活

 

3dimennsion02.jpg

も見られる。
 農業が食糧の備蓄を始め、さらに大規模化して灌漑農業が始まる時代になり、国家が誕生する頃になると、産業は分業化が進む。
 モノ、物財を中心とした自然からの採集や略奪としての生産。そして加工、さらに流通の産業分類は、この時代からはじまっていたのだ。
 この純然たる物資の流れをX軸として位置付けてみよう。したがって、ペティ=クラーク流の第1次~第3次産業は、X1産業、X2産業、X3産業と表現する。
 国家が誕生した時代から、産業革命を経て、工業社会が本格化するまで、ほとんどの産業従事者がX1に集中する時代が続いた。日本でX1従事者、すなわち第1次産業従事者が50%を割ったのは戦後(50年国勢調査では48.5%)のことであり、現在わずか6%程度だ。
 1970年頃までの日本は、X軸だけを意識していればよく、メーカーはひたすら品質の向上と生産の拡大を念頭に努力し、販売会社はメーカーからの商品をひたすら売っては富を築いたのだ。およそペティ=クラーク流の、クズネッツの理論どおりに展開した。

■ X軸産業の成熟、停滞と付加価値型産業の発展
 だがこの第1次~第3次産業への従事者数は、90年代初めには第3次産業が60%を越え、95年国勢調査では61.8%となっており、まず第3次産業になんでもぶち込む分類の再整理が必要になっている。
 1960年代も終わりに近づくころ、日本にとって、米国はまだまだ技術的にも経営的にもはるか彼方の存在だったが、高度成長でそれなりに自信をつけた日本には、未来学ブームがおこり、ことに情報社会についての議論が多くなっていた。このころ日本では次々と未来学関係の出版が続いた。

※以下は注釈

●産業分類のはじまり
 産業の発展段階説は第1~3次産業、つまり農林漁業、生産加工業、流通小売業と、あらかた分類できる産業分類がポピュラーだ。この第1~3次(Primary Industry, Secondary Industry, Tertiary Industry)というポピュラーな名称は、ニュージーランドのフィシャーによってつけられた名前だ。しかし概念そのものは古く、17世紀のイングランドのペティによって『政治算術』のなかで示されていた。コーリン・クラークは社会の発展とともに第1次、第2次、第3次と、産業の重心がシフトするという、発展段階を実証して彼はペティの法則と呼んだ。さらにクズネッツが肉付けしてクラークの名を冠し、ペティ=クラークの法則と呼ばれるこのことからペティ=クラーク=クズネッツの法則と呼ばれることもある。

●三次元産業分類について
 三次元産業分類のコンセプトに関する初出資料は京都府委託事業『ハイタッチ研究所構想』(1983年)である。私の事務所が受託した事業は当初『ハイタッチ…』ではなかった。ファッション産業や、デザイン性の高い、また京都の高度な工芸なども含めた産業活性化について、描かねばならなかったが、この産業群のくくりが非常に困難だった。
 その少し前にJ.ネイスビッツの『メガトレンド』に示された情報社会への10大潮流のなかにハイタッチという用語を拾い、この事業の冠にした。そしてこのハイタッチの位置づけを構造的に把握するなかでこの三次元産業分類が完成した。
 なお、ハイタッチ研究所構想は『ハイタッチリサーチパーク』として京阪奈文化学術研究都市の一角に展開している。

 一般書での初出資料は、以下の書に発表している。
高橋憲行著『時代の構造が見える企画書』
(1984年実務教育出版社)

2008.0419Zjuku01.jpg

■3日間の九州~関西から渋谷へ

月曜日に長崎にとび、佐賀へ、火曜には博多、そこでセミナーと月例会、事後懇親会を終わって、2300過ぎに新大阪へ。そして爆睡。

昨日水曜日(23日)は、大阪で午前にJMMOの説明会。午後にはJMIC月例会、そしてJMMOの月例会と続きました。

1800には事後懇親会をやって、2017発ののぞみで、東京へ。

なんか、スタッフと乗車のドサクサで別れてしまって、私だけその新幹線にのり、スタッフは後続の列車にのったようですが、私は一路、東京へ。で、2330ごろ帰宅し、0000過ぎに爆睡へ。

■多分野ケーススタディ

2008.0419Zjuku022.jpg私が月例会で担当しているひとつに、Z塾でもJMMOでも「多分野ケーススタディ」というのがあります。

会員の皆様から、難しい案件を所定の書式に整理して持ってきていただいて、私が対応するというコーナーです。

写真上は、19日(土曜日)のZ塾のシーンですが、イワサキ経営の宮口さんが持ってきた案件に私が対応しているシーンですね。

写真下は、ゲスト講演をしてもらった企画塾OBで、いまや売れっ子のマーケティングプランナー・村山涼一さんの講演光景です。これは、20日にブログアップしてますが…

22日(火)の博多では、久留米の製麺会社の方の販促イベントの成果をあげるために、継続的なやり方をどうするか……という話に対応し、続いてご登場された大分の木津さんは、以前に課題で持ち込まれたクリーニング店の案件に、私が提案したクーポン付きカレンダーが、かなり効果を上げたという、非常にうれしいお話。で、木津さんのご努力の成果だとは思いますが、その後の対応をご提案しました。

大阪では、姫路の小野さんが持ち込まれた化粧品、岩盤浴のお店のたて直しをどうするか…ということで、これもちょっとひとひねりしたご提案をしておきましたが、半年後が楽しみです。

さらに続いてちょっと難しい飲食店の解決策を求められたのですが、ちょっと難易度が高い。

オーナーさんの個性が強そうで、しっかり聞いていただけるかちょっと心配でしたが、とりあえず正攻法で、1品の名物メニューをつくることをご提案しておきましたが、さて……

というように難題がいろいろ持ち込まれ、解決策をご提案するコーナーを私が担当しています。

1企業からのセミナーでは1日に、10人へ対応するようなケースが連日続くこともありますね。

■本日もおもしろい1日

さて今日(24日)は、ちょっとゆっくり目の5時半くらいに起床。ひと仕事のあとのブログアップです。

0800には、渋谷のホテルで朝食会です。

終わって書斎に人がたずねてきて1000からちょっと仕事をこなし、午後には、ケータイ広告の大手会社の本格セミナーの第1回目のキックオフが始まります。多分野ケーススタディの徹底した企業版ですね。

それが終わると夕方には、新事業の起ち上げに関連した会議が待ってます。これは難易度が高いのですが、まずまず勝算があるのですが、いろいろハードルを越えていかなければいけませんね。

帰宅して爆睡できるのは、何時でしょうか…

明日も終日、あさって土曜日は、0625羽田発で福岡に行き、終日セミナーで最終便で東京へ…これで今週は終わりますが、今日も含めてまだ3日間……ガンバロ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20080423osaka.jpg■新大阪から大阪への光景

昨日は、朝から博多でセミナーや月例会があったのですが、懇親会を終えて2228博多発「ひかりレールスター」に乗って、2300ごろに新大阪に着き、駅前の定宿のワシントンホテルで爆睡しました。

今朝は、早朝に起きてひとしごと。ちょっと朝食を食べて部屋に帰ったところ。で、窓から大阪方面を見ると梅田(大阪駅付近)のビル群が……

手前の多少はっきり写っている大きなビルは、西中島の「日清食品」のビルですね。

このあたりにくると、20年以上前に事務所があった場所を無意識に探してしまいますね。ちょうと日清食品ビルの近く、写真のなかでは右端の手前あたりに30年以上前に、ワンルームマンションで創業して、しばらくするとその階下のオフィスy階に事務所をもって、この新大阪、というより西中島南方のあたりに、10年少々いました。

■ハードワークを思い出す

で、その事務所でいろいろハードワークをしてましたね。

ミノルタのアルファ7000の開発前の大仕事も、アサヒビールの再出発時のときの仕事も、大阪の多数の企業の企画業務を手伝ってたのがここ。松下グループさんや京都府の京阪奈学研都市の仕事をしたのもここ。なつかしい。

昨日アップした、20年ぶりの方も、この大阪の事務所でお会いしてと思いますね。で、なんで新大阪にいたか……っていうのは、東京の仕事もすぐに新幹線でいけるから……という感じで、仕事してました。

■書籍は、ここでハードワークのついでに書き始めました

私の80冊の著作のスタートは、この西中島の事務所でした。当時は原稿用紙にむかって書いてましたがね。

ワープロができ、それを使いはじめ量産がはじまるのと、企画書の原型をさらに本格的な体系化をはじめてたのも、この事務所です。で、25年前に

「戦略発想時代の企画力」「時代の構造が見える企画書」(実務教育出版 1984年)

がバカあたりしたのも、ここです。この印税はすごかった……まあ金額は想像におまかせしますが……

以後、私の人生は、かなり狂ってしまって、東京から仕事は殺到するわ、講演が全国からくるわ、出版以来は殺到という感じで来るわ……もう大変でした。

けっきょく東京に出ていくことになります。仕事が殺到しただけでなく、

NBC(ニュービジネス協議会)もたちあがったばかりで、当時の下村専務や、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いの、ユニチャームの高原社長やNECの関本社長なども、「NBCに入れ!…」って大阪に仕事に来られたついでに事務所に訪問していただきましたが……

こうした訪問をうけたのも、2冊の本がバカあたりして、ビジネス界にけっこう受け入れられたからですが……

で、東京に出て行くことになっちゃいました。

と、まあ、なかなか懐かしい場所なのです。

 

 

 

kamome01.jpg

■羽田~長崎~佐賀

4月21日(月)は、ブログアップして少々してから、渋谷駅へ。

0815ごろ過ぎだったので、山手線は通勤ラッシュ。ひさびさの通勤ラッシュ体験で品川へ。すぐに羽田行きの急行が来て、そのまま羽田まで。この間は仕事ができないので、本などを読んでました。

羽田へは、0810到着。航空会社がSNAだったので端っこまで歩くと、0920近くにカウンター。0935発なので締め切りギリギリ!……

まあ、いつものことですが……搭乗口に行くと最後の客。

で、バスに乗ってトロトロと長崎行きの航空機の駐機場まで行って搭乗し、座席に。

上空に行くとさっそくパソコンを出して、いろいろ作業。航空機は、待ち時間や離着陸時にPCが使えないので、ホントに不便。

kamome02.jpgま、ともかくPCと格闘していると、あっという間にPC使うなというアナウンス。もうすぐ着陸へ。

大村の長崎空港についたものの、長崎はここからが長い。

バスに乗るものの揺れがひどくてPC作業はあきらめ。また本を読む。

『現代物理の世界がわかる』なんてな本を読んでましたが、私はあまりビジネス書をそんなに読まないので。ビジネス書を書いているというのに、編ですよね。でも事実だからしょうがない。

長崎に到着して、経営計画では、非常に著名な先生の事務所におうかがいして、いろいろ勉強をさせていただきました。

聞いていた話とご本人の話とでは、かなり乖離があり、やはりご本人に会ってお話するのは、大事だな……って感じたしだいです。

それと、第一人者の方は、さすがにオーラがありますね。

なんか財産をもらった感じで長崎駅に……写真の「かもめ」が発車する前にアチコチ電話をかけて、いろいろ調整。

ところで、JR九州の列車はどれもちょっと小ぶりでデザインがなかなかあったかいというかカワイイというか、写真はかもめの車内です。乗客がいないので、ちょっと気になりますがね。

ともかく1544発・長崎をあとにして佐賀へ。

こちらは九州ナンバーワンの会計事務所の所長先生に面会に。中国、大連にも事務所を持つ、非常に有名な先生です。

またまた勉強をさせていただくことに。

先生に佐賀牛のお店に連れていっていただいて、さらに情報交換。昨日は、勉強させていただくばかりの1日でした。

ホテルに帰って10時ごろには就寝。

今朝は、0400ごろからPCに向かって仕事。さて、そろそろ博多行きに乗らないと。

それでは失礼します。

2008.0327shuccho01.jpg

■4月20日(日)なにも話さない1日

20日は、ほとんど家にこもりっきりで、5,6月に本格化させる企画業務をやってました。

よく考えると、ほとんど人としゃべってない。

しかも……自宅から一歩も出なかった。朝食は、軽いリゾット、まあ雑炊ですね。で昼食はインスタント食品にちょっと具材を入れてさっさと済まして仕事三昧。

夕食はひとり鍋をつくろうと朝は思ってたのですが、仕事優先で、ひとり鍋はなし、お寿司の宅配を頼んじゃいました。

で、この宅配寿司に電話したときと、宅配寿司のおにいさんが来てくれたときに「いくら?」って言ったのと「ごくろうさま」と言ったきり。

 

nishiheshuccho.jpgですから、まあ、何語しゃべったのか、通算10単語、通算時間30秒くらいの言葉を発しただけの日でした。(いくら…はネタにひっかけてるわけじゃないですよ、オヤジギャグは好きじゃないのでね…念のため)

これって、最短記録かもしれない。なんて妙な日でしたね。

あ~、こんな日があるのは、いいなあ~なんて思いながら、とにかく仕事三昧の日曜日でした。

まあ、いつものことですが、ダラダラ仕事するか、ハードに仕事するかのどっちかですがね。で、本日、21日も早朝から起きて、もろもろやってるうちに、なんかブログアップしなくちゃと、このブログをアップしてます。

0800ごろに書斎を出て、渋谷~品川~羽田と移動して、まずは長崎に行きます。

こういうと、ことに女性の人は、ついでにグラバー邸に行くのかな……な~んて考えてくれますが、とんでもない。

仕事を済ませると、そのまま佐賀へ。今日は佐賀泊まり。

長崎への機中でどれだけ雑務をするか、長崎の大村空港から長崎市内までにかなり時間があるから、そこでちょっと雑務をするか…しかしあのバスは揺れるよなあ……なんて考えてます。まあ、ほんとにあきられてますね。まあビンボー症だからしょうがないでしょ。

というわけで、あと1時間後には出発。もう出発用意はできているので、万が一のために携帯アラームを設定して、これからもう一仕事です。

なんせ昔、仕事に集中しすぎて出発時間を1時間近くもミスしたことがあり、たいへんな大失敗をしたことがあります。ま、それはともかく、

それでは行ってまいります。

 

 

 

 

 

■4月19日(土)PT研&Z塾

昨日は、PT研を中心としたZ塾の日です。セミナーがある日は、なにかとあわただしいですね。ま、慣れっこですが。

早朝に起きだして(まあ、いつものことですが…)進行中の新事業のスキームをいろいろ作り上げていて、一段落してコーヒーブレイク。で、ブログアップして、またまた仕事をして9時前、スタッフとコーヒーを飲んで打ち合わせ。その後、来客あり……と思ってたら、どうもリスケジュールしてのに、そのことを忘れてた!……ヤバい!

まあ、ダブルブッキングよりマシか……と、時間ができたことをとりあえず喜んで、雑務をこなす。

ランチを終えて、オフィスに戻ると、なんと20年ぶりの方が…!

おそらく前にお会いしたのは1990年前後。17、8年、ほとんど20年ぶりではないか……という再会。午前の弊社のセミナーにご出席いただいていたとのこと。その後、ご用があるとのことで、ご挨拶程度で終わりましたが、連休後くらいにまたお会いすることで失礼しましたが、なつかしい人が尋ねていただくのは、嬉しいことですね。

■10年ぶりの方もご登場

Z塾には、ゲスト講演のコーナーがありますが、講師は、村山涼一さん。著書にパワーコンセプトの技術 (講談社BIZ) や、最強の戦略は「図」で立てる (PHPビジネス選書) など、10冊以上の本を書いている売れっ子のマーケティングプランナー。あえてマーケティングプランナーと言うのは、最近、マーケターと称する人にあやしげな人が多いのでね。

村山さんは20年前に、企画塾で勉強してました。ご本人は講演後の懇親会では、企画の勉強しないで、ボクと酒ばかり呑んでた……って話をしてましたが、1990年くらいの塾生さんなので、3期目かな。

いまMP(マーケティングプランナー)養成講座をやってますが、これは2003年ごろから始まったもの。それ以前の1988年からスタートした「企画塾」は通信教育と添削交流会という、いまでいうオンラインとオフライン的なやり方をしてましたか。

1990年ごろだと、企画書を書くと言っても、たぶん手書きかワープロの時代ですよね。当時の村山さんの課題はどんなのだったのだろう……なんて思いながら講演を聞いていました。

コンセプトメイキングのお話を中心に、なかなかパワフルで、みなさん非常に参考になったと満足しきりでした。

村山さんとの付き合いは、塾生としてよりも、おそらく彼が講談社時代に、私の書籍で「企画書として読む日本国憲法」「高橋憲行の企画書」という2冊を講談社から出版してて、きっとその打ち合わせがてら来社してもらってるときに、呑んでたのでは……

その後も彼の結婚式にも出席したりしてましたが、この10年くらい、ちょっとご無沙汰でした。「便りのないのはよい便り」という格言のとおり、そうとうに頑張っておられるわけで、すばらしい再会でした。

■さらに10年ぶりの方が、もうおひとり

10年ぶりの方は、村山さんに限りませんでした。りそな銀行の「お客様サービス部長」(一般の銀行では支店長)となった井上理律子さんも、10年ぶりくらいに再会。企画塾流の企画書や提案書があって、社内的に非常に評価されていただいてますと、企画塾を、よいしょしていただきましたが、話半分でもお役にたってるとうれしいですね。

CIMG2616.JPG皆さんの、ますますの発展を祈ってます。

村山さんの講演中に電話がかかってきて、とあるお店のママさんから「えらい人が来るので、パーティになんとか出席してほしい…」という話。

■さらに深夜近くまで……

そこで、盛り上がっている懇親会を失礼して、別のパーティへ。

そのえらい大先生は、先日、大阪の「くいだおれ」にも連れていっていただいた方でした。どのくらいえらいか……っていうと、日本には神道の分派がいろいろあるのですが、出雲や伊勢は別格として、13くらいの神道を束ねている管長さんなのです。

お寺でいえば、末寺をゴマンとかかえる曹洞宗でいうと、総本山の永平寺か総持寺の管長さんクラスですよ。雲の上の人って感じですかね。

なにやら私は飲み友達にして頂いてて、たぶん80才を超えておられると思うのですが、私の著作も読んでおられるらしく、いろいろ私の著作の中身の質問をしてこられるのですよ……それもすごいが、呑む量もかなりのもの。

で、さらにもう1軒行くことに……

神道の思想と、エコ思想との共通点で盛り上がりました。

1軒目の懇親会では、話しててあまり食べてなくて、2軒目のパーティは、みんな食べ終わっててできあがってた感じで、3軒目は神道とエコ談義。深夜近くに帰ったら、ちょっとおなかがグー。

空腹には耐えられずに冷蔵庫を見ると、出張前で冷蔵庫は順次カラにする習慣があるため、めぼしいものはない。

で、冷凍庫をあけると、「おお!……よくぞいてくれた!……」ちょっと大ぶりのホッケが……

というわけで、ホッケをレンジで温めて秘伝のにんにく醤油をかけて、やはり、ちょっとカタめの寝酒をのみながら、1日が終わりました。

「神道」のあとで「法華」だと、大大先生に宗旨替えだと怒られるかも。

 

CIMG2798.JPG

■今日から出張モードです。

私の出張は、たいがいぶっ続けで、1週間なんてのが多いのですが、まあそれは習慣なのでね。

皆さんは、あまりマネをしないで下さい。しようものなら後で寝込んだり、あの世に行ったりしますから。

5時~9時、9時~5時、5時~9時、と、1日3回を使い分ける話をしたことがあると思いますが、出張の時はそうはいきません。

来週の出張もにらんで本日は、3時半くらいに起きて、ひと仕事をすませてコーヒーブレイクなのですが、まだ暗い。

この写真は、5時前、4時45分くらいの新宿副都心ですね。

 

nishiheshuccho.jpg昨日アップした雨の副都心と緑の副都心と比較してもらうと、まだまだうすくらいですね。

いまブログを書いているのは5時10分くらいですから、ちょっと明るさが出てきましたね。もう少しで日の出の時間です。

■出張の日程

出張の日程その他は、現状で前後も含めて、おおよそ以下のようなものですね。

■19日1000来客あり、プロジェクトのツメを行う。

1300からセミナー。1400からボクの担当。1700以降にはかなり以前にいろいろお会いしていた方とセッティングされているらしい。

■20日1000来客あり、午後にも1件。他の時間は今日も含めて懸案の山積みの企画事項を処理する。夜は、ひとり鍋ですね。

■21日早朝からひとしごとして、0930頃、羽田から長崎へ。大村の長崎空港から市内までけっこうかかるんだな。これが、で

1300ごろからお客様とお話。長崎から佐賀に移動して1700頃から佐賀のお客様とお話。そのまま懇親会突入か……

■22日は博多に移動し1000からセミナー、1300からは月例会が開始。

1800終了して、懇親会後2100近くの新幹線で大阪へ移動。到着は2400ごろでしょうから、ホテル到着即刻爆睡。

■23日は、0500ごろには置きだして仕事。1000にはセミナーがあり、博多同様に1300から月例会で1800懇親会、そして2100近くに新幹線で一路、東京へ。やはり深夜に渋谷帰宅で爆睡。

24日は、身体の様子をみながら、起き出してひと仕事。で、

0800お客様が宿泊している渋谷のホテルへ行って朝食会。もどってちょっと一仕事をすると、汐留に1300からクライアントのセミナーがスタート。これが終わると重要な企画案件の相談をうけており、その会議に出席して、おそらく懇親会か…

25日は、1000にはセミナー開始、1300から月例会。で、さらに懇親会には、とりあえず出席。

早く切り上げないと、ちょっと大変かも。なにしろ翌日の土曜日が大事なひと仕事。

■26日は、羽田0625のJALで博多に直行。1000から商品、事業を含めた企画のセミナーが開始。1700か1800まで続きます。2度のセミナーの最初ですね。で、終わると懇親会がセッティングされており、最終便で東京に帰ります。

深夜に渋谷着、即爆睡コースですね。

5時~9時、9時~5時、5時~9時、の1日を3日使うのは、出張時にはなかなか使えませんから、出張時はとにかく、交通機関の上で仕事をするのがわたし流です。そうしないと出張時の時間は、非常にムダが多くなります。

さあ、それから連休なんだ~~

となればいいのですが、27日は、日曜日にもかかわらず、もう来客が3件もあり、これから連休中は、続々入ってくるでしょうから、まあ、時間ビンボーは、私のビジネススタイルらしいので、これはしょうがないとあきらめるしかないですね。

でも、私の出張、マネしないでください。

いままで1週間全日私の出張につきあった人は20代30代であれ、たいがい翌週は、ほとんど使い物になりません。

週半ばで疲労困憊したスタッフは何人も見ているので。

徐々に慣らしペース配分をちゃんとできるようになってからやることです。

くれぐれもマネしないようにお願いしますね。

ブログアップしているあいだに、かなり明るくなってきました。

もうすぐ日の出の時間ですが、ちょっと曇ってますがね。

みなさん、今日も仕事がんばってください。……おっと、土曜日ですね。失礼しました。お休みの方は、のんびり鋭気を養ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2796.JPG

■今年の4月は、雨ばかり

今年の4月は、ほんのわずかしか4月らしい日がありませんね。

早朝からひと仕事を終えての東京の空です。下の写真を見てもらえば一目瞭然。副都心は雨にかきけされています。

桜も3月末にピークになってしまい、雨また雨。これって記録的なんじゃないのでしょうか。

今日も150ミリくらいの雨が降るらしく、これは台風並みかも。ちなみに雨量が150ミリとは、ビールの大ジョッキを外においておけば、満タンになるくらい、15センチの量の雨がたまるってわけですから、かなりのもの。ジョッキにビールなら私もわくわくしますがね。

いまどきは、中国産の酸性雨ですからね。

midori01.jpg薄いアタマがさらに薄くなるような怖さがありますよ。

本日からセミナーウィークです。

連休前まで26日(土曜日)まで、連日、セミナーとその後の懇親会が各地を移動しながら続きます。スケジュールのない20日の日曜日も、懸案事項満載。

世の中、もうすぐ連休らしいのですがね。

ふつう、連休というのは、休みが連なるから連休なわけですが、私にとっては連休ってのは、いつごろから仕事の遅れを取り戻せる、ありがたい日々になったのでしょうか。

雨をながめて、ふと思ったような次第。いったいいつ連休に休んだことがあるか、思い出せないまま、仕事に戻ります。

 

 

 

 

■電話が通じない……海外か?、入院でも?

用件があって電話が通じない、数日置きにかけても通じない。誰か他のなかまに電話して聞いてみようという矢先に電話がかかってきました。

NBC(ニュービジネス協議会)という会合に私は参加しているのですが、交流委員会というのがあって、なぜか夏合宿イベントを3人にまかされ、私はその一人なのですが、あとは美人社長2名。そのお一人に連絡をとってたのですが、つながらないので、海外にでも行ってるのかと思ってた次第。いろいろ出張ほかご多忙だったようでした。

入院などしてなくてほんとによかった。最近は若い人でもいきなり訃報が来るので、連絡がないとなにやらいやな予感がいsますよね。縁起でもありませんが……

zaasai0222.jpg今日も午後にその美人社長お二人も含めた企画会議があるので、ま、そこでお会いできますか……

■驚きのサーサイ

その美人社長が、以前、ホームパーティでザーサイを持ってきていただいたのを思い出しました。ブログにアップしていたと思ってたのですがアップしていないようなので、今回はその驚きのザーサイです。

ザーサイといえば中華に行くと定番ですが、普通のザーサイは、黄色い系統の色合いですね。ところがこのザーサイは、非常に浅いグリーンですね。新鮮なタイプなのでしょう。

zaasai022.jpg
zaasai023.jpg
中華料理に詳しい人には、さして珍しい話ではないかもしれませんが、私はちょっと驚いた次第です。

そのまま食べても美味しい。しかしせっかくなのでちょっとひと工夫。

にんにく醤油に、ちょっとゴマ油を加えて味付けをして、大場をのせてみました。普通のザーサイトは一味違ったもので、ホームパーティの際に、けっこう皆さん、よろこんで食べてましたね。

zaasai01.jpg

そして数日後、夕食をあまりにまともに食べない立食パーティのあと、帰宅して冷蔵庫から取り出してつくったのが、写真のザーサイ。

右にあるのは、白ねぎのスライスです。

ザーサイと白ねぎと大葉をちらして、にんにく醤油とゴマ油、ちょっとスパイシーな胡椒も使ってみましたね。

これもけっこういけました。

美人社長に、本日またプレゼントをお願いしないと……

あの味が忘れられないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

■東京で田舎

読者の皆さんに『因伯』といっても、なんの意味かわかりませんよね。

これが、ある地域の人だとわかります。

「因幡」と「伯耆」で、『因伯』なのです。これでもほとんどわからないんじゃないですかね。

因幡(いなば)は「因幡の白うさぎ」の因幡で多少わかっていただけますよね。で、伯耆(ほうき)は、伯耆大山といって、少しわかる人がある程度でしょう。

さらに説明すると、鳥取県の東、鳥取を中心とする東部が旧国名「因幡」。鳥取県の西部と中部が旧国名「伯耆」です。そういうわけで、『因伯』ってのが通用する人は、ほぼ鳥取県の人に限られ、隣の島根や南隣の岡山の人もわからない名称でしょうね。

b458800ps3[1].jpg

前置きが長くなりましたが『因伯経営者クラブ』というのがあって、昨年暮れから参加することになったのですが、今回が2回目。首都圏で活動している鳥取県出身の経営者の集まりでした。

アテナイオス株式会社社長の横井さんが、この集まりに出たら、と誘ってくれたのですが、「どんな人が来るの?。鳥取は人口が少ないからな…」なんて言ってたのですが、とんでもない。

昨夜(15日)は、そうそうたる経営者の方々が20人くらい集まっていました。

会の会長は山崎製パンの副社長、山田憲典さん。あのペコちゃんの不二家の会長兼社長もやっておられます。業界では知らない人はいない凄腕の経営者です。山田さんの周りには、いつも薫陶を受けたい若い経営者が絶えませんでした。

会場は、東銀座の「分左近太郎」という料亭風のふんいきのお店で、いったい会費はいくらだ!…と、思いながらおそるおそる尋ねると、1万円。

3万くらいとられるのかとビビりましたがね。

話がはずんで、18時から20時30ころまで、なかなか皆さん、故郷がいっしょなこともあって、なかなかいい感じで下。

でも鳥取県は、人口は60万人を欠け、人口最小県ですからね。私の住んでる渋谷区より少ない。かなり影の薄い県です。

ナレッジカンパニーの勝部会長が、田舎の店に行こう……ということで、おじゃましakagai01.jpgたのが、銀座の「琳千(りんせん)」というお店へ10人近くで2次会。

またまた話がはずんで、あっという間に深夜、明日になるくらいの時間になって、おひらき。渋谷に帰り着いたのは、00時40分くらいでしたか。

今年、はじめての午前様になりました。

でも、琳千のママは、米子(よなご/鳥取県西部)で、有名な料亭をやってて、銀座に出てきたのです。それがわずか5年前。すごいですねえ。でも、すごく気さくなママでしたね。

で、出てくるものが懐かしいものばかり。あごちくわ、赤貝の煮付、板わかめ、干しがれい、等、故郷のおふくろの味ばかり。

中海産の赤貝はうまかった~。

 

 

 
 

midori01.jpg■緑が目にしみるころが近くなりました

このところ雨ばかりや曇りの日々でしたが、昨日の午後ころから多少明るくなってきました。しかし今朝も富士山は見えず。

かわりというわけではありませんが、代々木公園や明治神宮が、めっきり緑になってきました。連休は、この緑がいちばん鮮やかになるかもしれません。

連休もたぶん仕事ばかりですが、多少、緑をみて連休気分にでもなりますか。時間ビンボーですね。

昨日は、早朝から仕事で、そのままいま進捗中の新事業関連のイベントに行き、その後打ち合わせ、ちょっと書斎に帰るものの再び別の会合へ出席。2030ごろには、懇親会。終われば2300近く。

今日も早朝から置きだしてPCに向かい、別の新事業というか、新企画の制作を2本ほど並行作業。

ひとつは、メールで送信して一段落。いまひとつは、最終調整をしてスタッフへ昼に渡す。

午後は、池袋のほうで講演することになってるが、テーマはなんだったっけ?

講演後も懇親会があるはずだが、先約した別の会合があるため、終わると銀座方面にむかって別の会合へ、私の出身県の経営者の会合です。もっとも食事をするわけですが。終わると2200は越えるでしょう。2次会は、失礼して逃げよう。

明日も早朝から仕事がある。

時間のはざまで仕事をしている感じですね。

来週は月例会ウィークと企業むけのセミナーが重なって、九州へ2往復。はざまでの仕事と飛行機と新幹線の上での仕事が続きます。

まあ、毎度のことですが……

 

 

■牛で常夜鍋?

昨日は、日曜日(4月13日)。多少、のんびり目の仕事の日です。

起床もゆっくり目で6時ごろに起き出して仕事モード。原稿をひとつ仕上げて7時半からは8チャンネルの「報道2001」を、ひさしぶりに見る。

おっと竹村健一さんが出ていない。かなり長らく竹村さんを見ていたからスタッフ構成が奇妙な感じ。まあ数ヶ月で慣れるかも。そう言えば竹村健一先生、10年以上も会ってない

昔は雑誌での対談もやったり、なんの番組か忘れたが、ラジオで対談したこともあった。

赤坂の事務所に行ったことがありますが、彼の部屋には本が積まれている、その状況に驚いたことがある。なんせ数千冊もあろうかという本が、本棚ではなく、ただ積んであるのだ。床から壁にむかって積まれた本の断面は、放物線の感じで雑雑と置かれていた部屋に案内されたの驚いたことがある。

私の部屋もかなり乱雑だが、いまだかつて、あの部屋以上にすごい部屋に入れてもらったことはない。

しかし、これもオープンファイルか……私の場合もオープンファイルだが、相当に違うものの、あの乱雑な積み方の中にも彼流があるのかもしれないと思った次第。

 
aidunokome.jpgなんて思い出しながら朝食を食べる。

白米で食べてこんなに美味しいごはんはあまり食べたことがありません!

「会津継承米」って会津のこしひかりです。もう、たまごかけごはんだけでOKという食べ方をしてしまいました。お味噌汁とね。美味しい朝ごはんは最高ですねえ。

また、仕事モードに入ると、あっという間に11時。

来客を迎えて仕事のお話。そのままランチにいっしょに……

13時前には書斎にもどり、再び仕事モード。

gyujoyanabe01.jpg16時ごろ、気分転換と、夜の来客用の食事の買出しもかねて、渋谷の街に出る。あいかわらずの賑わいだが、もっと春めいている季節だが、残念ながら今日の気温は3月初旬なみ。

18時になると半分仕事モードの、いやいやかなり仕事モードの来客。

で、常夜鍋を牛でやってみることに。

常夜鍋は、豚でやるのが常識で、よく考えてみると豚以外を使ったことがなかったので、思い切って牛を使ってみることに。

ちょっと常夜鍋のコンセプトにははずれるかも。

しかし組み合わせでどんな味になるか試してみたいこともあって牛を使ってみる。しかしイマイチ。

こういうテストをしてみると、ホントに常識というものはすごいものだと思gyujoyanabe02.jpgう。なぜ常夜鍋は豚なのかが、昨夜はよく理解できましたね。

ま、ともかくイマイチといっては、そこは牛。ほどほどにイケました。

ところで私の常夜鍋は、数年漬け込んだニンニク醤油で、根菜を煮込んだ上にほうれんそうを敷いて、やわらかくなったかげんで肉をからませて食べるという作法。

ま、味はともかく、お客様とは楽しい会話が続きましたから、食事よりも会話ですね。

そして最後は、雑炊に……

gyujoyanabe03.jpgところが話がはずんで、ちょっとタイミングが遅れて煮詰まりすぎましたかね。

これも朝の「会津承継米」、で、いま仕事をしかけている新事業は「事業承継」。

なんかの縁ですね。

トッピングはみつばとキザミ海苔でした。

21時ごろ解散して22時ごろには、いい眠りにつけました。

 

 

book05.jpg■古い著作に、こんなものが!

早朝から仕事をしてて、ちょっと一息でコーヒーをいれて、さて本日のブログアップするか……なんて思ってたら、非常に古い私の著作が、目にとびこんできました。ちょっとなつかしくて、ぱらぱらとめくってたら、ふきだしそうなネタが書いてあったので、別のものをアップするつもりだったのですが、この内容をアップすることにしました。

目にとまったのは

「新商品発想法と商品化のケーススタディ」(1983年 日本ビジネスレポート)

という本で、私の5冊目の著作です。これは「新製品開発シリーズ」の第6巻で、他の巻は、複数の人でまとめられていたのですが、この第6巻は、私ひとりでまとめています。8500円と、ちょっと高額本ですから、そうたくさん出ていないでしょう。

ネットの中古で出ているでしょうかねぇ……

で、発想法について、いろいろ述べたあと、じゃあ、どんな商品が今後有望か……という章だてがあって、食がかなり満たされる時代にあって、今後、飽食時代に移っていく。飽食時代になると、食はいろいろなパターンを見せる。

というわけで、いろいろなキーワードをマトリクスに表現して設定してありました。

         0・原点回帰食    1・食品    2・食辺品   3・口接品    4・食演品

------------------------------------------

食の合理化                   ↑高度成長時代の動き

-------今後、原点回帰する--------------------------

食と喫                   一般的な「食と喫」      現在また今後、チェーンイーター化する

------------------------------------------

交食             現在、また今後、交食化する

------------------------------------------

                   別枠で、食の情報化がおこる

 

てなことを書いていました。表現的には、もっとビジュアルにはしてましたが、これはどこかで再掲するとして、25年前の記事ですが、わりとあたってるな……なんて思いながら見てました。

ちょっと笑えますが、キーワードの意味はご理解いただけますよね。

で、そんな中で、日本の世帯はシングル化するため、そんなシングル用の食品を、食品メーカーと、家電メーカーが協力したようなものが必要になる……ってわけで、以下のようなイラストを出してました。

ま、あまり真剣に見ないで、笑ってください。なんせ25年前です。

 

ところで、以前、本をオープンファイルすることの意味をお話してましたね。オープンファイルすることで大領キーワード空間をつくるメリットを。ま、意図せずにいいネタを見つけることができるメリットはいいですね。

ま、このネタのよしあしは、別の話です。

instantcap01.jpg

 

instantcap02.jpg

■通が通うモツ料理「はがくれ」

私の事務所の近くに、モツ料理屋さんで「はがくれ」があります。もう20年は通ってますが、昔は6時前に入らないと開店即超満員状態になるという人気店で、人を紹介してつれていくと、なんと、その紹介した人が友人たちと来店してて、私は入れない……なんてガックリした経験を何度もしたお店です。

hagakure01.jpg

場所は青学西門に近い246から一筋入った、なにやらさびしげな場所で、しかも急階段を2階に上がらねばならないという店舗。まず一見は入る雰囲気はありえない店ですね。

この急階段。私は、落ちた酔っ払いを何人か目撃し、店の中から落ちてゆく大音響も何度も聞いたことがある階段です。

そんなことがあろうとも他にはない品揃えと鮮度が魅力なのか、いつ言っても満員状態。

出るネタは、モツのオンパレード。ちなみの私は、テッポー、ハツ、レバー、コブクロ、つくね、ねぎ間、カシラ、ナンコツなどとともに、珍味のさしみのミックスなどを頂戴しますが、昨夜はその大半を出していただいて、たんのうしていました。

■呑んでも企画

まだ20代の若いビジネスマン2人と一緒だったのですが、30歳代でIPOでもしそうな、ビジネス感覚があり、知識も豊富でコミュニケーションができ、礼儀正しいという。……いわゆる「いまどきの若者」とは、そうとうに一線を画した人たち。

 

hagakure02.jpg年齢を超えてもいろいろな話をできる人は、ビジネスでも、なんでも大成できますからね。

成功者の条件のひとつに若い時代に「老人キラー」が得意なことが挙げられます。「老人」って言葉が嫌いな人は「年配キラー」とでも呼ぶことにしてください。

年配の人と、いくらでも話しこみ、ときには使い走りもする。

かくいう私も20代のころに、老人キラーと呼ばれていましたがね。でも「成功」には、ほど遠いから、私は例外になるのかなぁ……

ま、ともかく有能な老人は、人脈、知識は、ものすごいものがあります。ひけらかすこともありません。さらに人を見る眼力も、すごい。

若い人で成功した年配者と会えることも、その人の眼力の範囲内に入っているわけですから、あるハードルは越えてるわけですね。

一方、難しい若い人で勉強しない人は、論外として勉強好きな人(ペーパーワーカー)が、その範囲に入っていけないことが多いようですね。

勉強は好き、現場はイマイチ、コミュニケーションがイマイチ。緊張するとかとまどうとかで、空気に入れない。なじめない。だから勉強に突入する。ペーパーワーカーになっちゃう。

勉強は現場、現実と並行でないと意味がありません。

「売上増ノウハウ」なんて勉強するのはいいのですが、やはり現場が重要。現場の空気で、同じノウハウが適応できないことだってありますからね。

■呑み方も企画

人の呑み方にも、いろいろありますね。

呑むのは、ストレス発散……って考え方もありますが、呑んでも企画って考えもありますよね。同じ時間を使ってるんだったら、明日に使える呑み方をしたほうがいいんじゃないでしょうかね。

失礼ながらダメな人はいませんが、曲げてダメな人という表現を使うと、ダメな人たちは、類友(類が友を呼ぶ「ルイトモ)」でしか呑まない。同じ人だけとしか呑まない。フリーターはフリーターとしか呑まない。サラリーマンは上司や経営者と呑むときは、いきなり緊張状態で呑み、部下と呑むと、えらそうになって同僚と呑むとハチャメチャ。

これでは、いい話ができないですよね。人脈は得られない、人脈は金脈そのものですからね。ビジネスの速度が違ってきますよ。

将来が光って見える人は、しっかりオーラもあって、呑みがいがあるというものです。

まあ、わずか2時間のなかで呑むほどに、私は彼らとのビジネスのシナリオが、相当量のパターンで見えてきましたが、その数分の1か、10分の1くらいに鋭く絞り込んで、ちょっと組み立てなくっちゃ。

という気分になってきました。

 

kuidaore01.jpg

■「くいだおれ」に行ったばかり、閉店とは!…

4月3日に大阪名物の「くいだおれ」に行ったばかり、4月8日に、閉店のニュースが!……で、9日には、飲食店の閉店では珍しい記者会見が行われたようです。

女将(おかみ)の柿木(かきのき)道子会長さんも、3日には、宴席に出て頂いて、ちゃんとご挨拶いただいたのですが、そのときには、そんな話のかけらもありませんでしたが……ほんとかな……と、関西の人たちに調べていて皆様へのコミュニケーションは、遅くなりましたが、ホントらしいですね。

道頓堀の超・名物が消えるのだそうです。大阪の人たちには、かなりショックなのでは。

日本全国の人も、この写真の人形「くいだおれ太郎」は知っているでしょうね。道頓堀ですから阪神がフィーバーしたり、関西でなにかあると、この写真や映像が流れてますからね。

ご他聞にもれず、この長い平成不況のなかで、客層の変化や客単価の下落で、きびしい状況にもあったという話も、もれ聞こえてきます。

 

 

kuidaore02.jpg
kuidaore03.jpg

創業60年になり、区切りとしても閉店を決めたとか。7月でこの「くいだおれ」はなくなるそうです。

それにしても、くいだおれの会席料理は、非常に上品で大阪というよりも京料理のような繊細な感覚でしたね。食器も盛り付けもじつにすばらしいもので、板前さんの腕に感嘆しきり、それはそれは美味しく堪能しました。私の料理とは、真反対のテイストですね。

 

kuidaore04.jpg
kuidaore05.jpg

あまりに素晴らしいので、ちゃんとメニューも持って帰ってました。

「卯月の“味めぐり”御献立」と称して、桜の花のサワーからはじまって、最後は水菓子まで12品の芸術品。ホント勉強になりました。

あまりに美味しいので、熱燗をそうとうに呑みましたが、料理の上品さに対して、呑み方は下品だったかもしれません。

それにしても残念ですね。

 

kuidaoremenu.jpg

sozokusiki04.jpg

■「相続式」という式典?

相続式……なんて、みなさん聞いたことはないでしょうね。

実は、世界最初(たぶん)に私が仕掛けたものですが、これは2004年の秋に、青森県八戸の古玉先生の八戸経営会計事務所40周年記念事業にあわせて、行ったものです。

相続に伴う、トラブルが近年、非常に増えています。殺人事件すら起こるくらいで、兄弟が親の財産を狙って、血みどろの争いを繰り広げることも多々あり、関わる弁護士や会計事務所も大変です。

この相続を、事前に円滑にしてゆこうということも含めて、相続式を提案したわけですね。そこでモデルとして古玉先生にお願いしたところ、快諾しsozokusiki03.jpgていただき、世界初の式典が行われました。

写真には、400名もの人が集まっています。

私は、この会の発起人という立場と、相続を見届ける役割の「立会人」というふたつの役割を担ってお手伝いをしていましたので、写真にあるように登場しています。

■相続式プロジェクト

じつはいま、相続式を本格化させるためのプロジェクトをやっているところです。

ホテル・旅館・結婚式場などは、少子化・晩婚化・非婚化・ジミ婚化という四重苦と、ハウスウェディングの台頭で苦戦を強いられていますが、これらの対策にもなるのです。

結婚式で100人集まるのは、そう多くありません。会費制の北海道と沖縄くらいでしょう。対してこの相続式には、400名もの人が集まります。地域にもたらす波及効果もバカにならないのです。相続式に集まる人たちは、名士、資産家、事業家など、そうそうたる人が集まることになり、2次会にも繰り出すと、飲食店などは、非常に込み合いますね。

実際に、この日の夜は、我々も打ち上げをやる場所を何度か探さなければならなかった状況でした。

10月には、事業承継税制の改正が行われます。非上場株の相続税は、軽減幅が80%になるなど大幅な改正で施行されます。事業承継と相続、そして相続式は、密接に関係します。

さてさて、どうなりますやら。

その他、同時並行で新規プロジェクトをいろいろやってて大変ですがね。

またご報告しましょう。

ご興味のある方は、ご連絡いただいてもいいですよ。

ではまた仕事にもどります。

 

 

■4月8日(火)…あわただしい1日

あわただしい1日…なんて言ってますが、毎日、あわただしい。いいのか困ったものか、わかりませんが……昨日8日は

0600で、少し遅めの起床。そのまま仕事モードに。天気予報では強風や雨とやら。ちょっと心配。

0830来客対応。で、

0915再び仕事モード。緊急のプロジェクトを2つ並行でPCに向かう。

電話も何本も入ってくるので、これって結局集中して仕事にならない。でも多少、仕事をこなしながら

1150書斎から事務所に出てスタッフと打ち合わせがてら食事。

1220さっさと食事を切り上げ、ひさびさビッグカメラに。スキャナ専用の格安パソコンを探す。仕事と並行して延々スキャナを動かして資料のデジタル化をすることに。

1250書斎にもどるものの、1330来社予定の平さん、鹿児島から来れないらしい。テレビのニュースでは羽田の滑走路が1本使えないらしいから、まあ予測できたこと。平さんは大変だろうな…と思いながら、スケジュールの変更対応を状況に応じてスタッフに頼んでおく。

こちらは仕事がヤマとあるので、そちらに集中。あっという間次の予定。

1600取材が入っており、そちらに対応。デジハリのスタッフが携帯キャリアへの提供記事で『企画』をテーマに取材をしたいとのこと。クローズドなメディアらしいので、皆様にはご披瀝できないメディアのようですね。

winenabe000.jpg1715鹿児島から遅れた平さんや上司の方は、取材中事務所に待機して頂いて、やっと面会。荒れ模様の天候で平さんは振り回されてほんとに大変でした。

いろいろ新しい仕事のお話。社会性が高く、新しい試みがはじまるようです。私も末席で手伝え……ということで、快諾。

1620とりあえず解散して。

私はちょっと宴席準備。今日は『ワインすきやき』にしました。

1900すぎになって、平さんとウチのスタッフ一色くんと私の3人で仕事の話がさらに続きます。ま、ほどなく酒の話に……

tairasan.jpgさらに、平さんの故郷の鹿児島のお話。いまNHKで篤姫をやってて、また鹿児島ブーム再来かも……鹿児島に行ってみたくなりましたね。ホントに……

さてさて……お二人、だいぶお酒が入ってきましたね。

と、まあ私の書斎は、仕事場であり、皆さんとの会議の場であり、最後は、呑み屋に変貌します。

私は、「料理は企画」だ!……ってわけで、料理もいろいろ工夫してもてなすわけで、宴席をセッティングするのは、企画業務の一環なのです。

これを読んだ人は、ほとんど

酒を呑む理由を、グダグダ言うな……って思ってるでしょうね。

3002.jpgそれ、間違いなく正しいですからね。

実際、私の書斎の端っこには、わかりますでしょうか。朝から仕事、来客、取材、ビデオ撮影、宴席とまあ、いろいろやって1日が終わるわけですが、そのために、写真の部屋をご覧下さい。

ビールサーバーがあるのが見えますね。

ビールサーバーは、ふつうの呑み屋では流し、シンクのそばにあればいいのですが、ホームパーティなどができるようにするためには、リビングになければダメですよね。

というわけで、これは私の特性のビールサーバというわけです。

これも企画の一環です。

こう言っても、呑むための理由をごちゃごちゃ言うな……と思われていることでしょう。まま、そう言わずに、読者の方もこのビールサーバーのお世話になることもあるかもしれませんからね。

 

rainy.jpg
■何気にうっとうしい日々

最近、イマイチな朝ばかり送っているような気がしてました。

出張疲れでもないし、朝が早くてまだ暗いうちに起きているから……ってわけでもないし……

と、今日も仕事が一息ついてコーヒータイムで外を観る。

なんかかなり強風で土砂降りらしい。いつもは威風堂々で見える新宿副都心の光景も、写真のように雨で曇ってイマイチですね。

テレビでも傘が飛ぶほどだって言ってます。

外を観てて、ああそうだ…最近、富士山を見てないんだ!

と気付きました。かなり長いあいだ見てませんね。

1月、2月はじめくらいまで、晴れてると富士山が見えてて明けてくる空に富士山がうっすらと、またくっきりと見えるのを、コーヒーをのみながら無意識のうちに楽しんでたのか……ってなことを思い出しました。

今年は、かなり早くから黄砂がふってきたりして、もうこれだけで富士山は見えません。上空は晴れてても富士山が見える水平線は、どんよりしてますから、まったく見えませんね。困ったものです。

■4月7日(月)はドタバタの一日

朝、0500前、まだ暗いうちに起床。で、早々に仕事モードに突入。同時並行ではフタケタに近い仕事をかかえていますが、至近で着地する必要がある、2つの企画を動かしていて、この具体化のために同時に仕事。

0700ごろ朝食(もちろん自分でつくって)してそのまま仕事に。

0830スタッフが来て打ち合わせ

0915至近の新事業企画をすすめていると、あっという間に時間が…

1110来客があり、「相続式」に関連する話。相続式は、私が3年前に仕掛けて実現したことのある新しい式典。

これがいま、事業承継の法整備(10月施行)がされたり、事業承継や相続にまつわるトラブルもあって、これをいい形で相続をするための仕組みとして水面下で注目を浴び始めています。

もう少しすると本格化させますので、いましばらくお待ちくださいね。

来客の方といっしょに仕事をしたあと

1300再び仕事モード

1420タクシーにのって東京駅方面へ。タクシー車中で電話を5、6本。タクシー電話はクセになっちゃってますね。多いときなんか、渋谷~東京の移動中で10本以上かけたことがありますよ。

1555到着。新事業の打ち合わせでケンケンガクガク。

1845ことは、いい方向に進み、あとは詳細の段階に。そのまま地下鉄で渋谷へ。渋谷で待ち合わせた方と会って

1930食事へ。ここでも「相続式」関連のお話。さあ本格的な展開へどうするか。

2030ガス抜きでちょっと2次会へ。

で、ちょっと珍しく夜更ししてしまいました。

4月8日、今朝も早朝から来客。

これから、本格仕事モードです。

 

 

 

yuzu01.jpg

■ゆず風味の野菜鍋

ひさびさの内鍋(ウチ鍋)です。外で食べることが多かったこともあって(外でも鍋を食べてましたが…)ちょっとウチ鍋は、1週間ぶりくらいですね。

昨日、日曜日は、めずらしく来客もなく、書斎にこもりっきりになって、ちょっとほったらかしにしていた気になる本を読んだり、多少、仕事をしていたこともある、ややのんびり目の一日でした。

そんなこともあって、夕刻になると、ひとり鍋をやることになりました。

で、いろいろ挑戦しようとしていたもののなかで、「ゆず胡椒」を使って食べてみたかったもので、「ゆず風味の野菜鍋」に挑戦してみることにしました。

 

yuzu03.jpg■調味料の「チェックリスト化」でオリジナル料理が完成

話は違いますが、企画の話のなかで「チェックリスト」を明確に持つことの重要性を話していましたね。チェックリスト感覚があると、仕事が、人生が変わるくらい大きなことなのですが、あまりチェックリスト感覚がない人が多い。

チェックリストは、頭脳の引き出しをたくさん持つことと同義ですからね、大事です。

さて、調味料は実に多いですね。

yuzu02.jpgするとこれをチェックリストして捉えます。

胡椒、マヨネーズ、ゆず胡椒(赤、青)、ゴマ、ゴマ脂、塩(岩塩や藻塩ほか…)、カレー粉、オリーブオイル、コンソメ、醤油(これも各種ありますね)……もう、何ページになるかわからないので、とりあえず、いろいろな調味料ということで、ここでは打ち切りますね。

この調味料を、鍋の中に入れるか、外に入れるか……ということで鍋のコンセプトは、大きく変化します。もちろん味もね。

ひとり鍋のときは、実験タイムですから、いろいろな工夫ができますね。

カレー鍋もやってますし、マヨネーズ鍋もやったことがありますね。

その他いろいろやってますがね。これがまた、おもしろい。

そのうちに紹介しますが、昨夜は「ゆず風味の野菜鍋」というわけです。レシピは簡単ですね。

ゆず胡椒を鍋に溶かします。まあ抹茶鍋のような色合いですね。お酒と若干の醤油も隠し味で入れてますね。

で、あとは、各種の野菜類。さらに魚は安い素材がベストですね。ゆずが味をしみこませますから、タラや安物のカジキまぐろの切り身なんかいいですね。あとは過熱用の牡蠣など。

ま、これを適宜ほうり込みながら、楽しく頂きました。

ゆずの味は、たくさん入れるとけっこうピリピリ感があります。そりゃあ胡椒ですからね。最初に入れすぎないで、頼りないと思ったら、少し足していくようにすれば失敗はないでしょう。

あと、とり皿には少しだけ、「めんつゆ」か「ポン酢」を使うといいでしょう。

 

さてさて、まだ朝の5時にならない時間。

ところで料理をつくりながら、そして食べながら考えていたのですが、料理ほど、新しい組合せの実験がしやすいものはありませんね。

経営も企画も同じ、いろいろなタイミングも考えた組合わせですからね。人、モノ(技術)、資金、情報、それぞれが優れていても組み合わせ次第で、ダメになる。

日本の大企業は、優秀な人材、世界レベルの技術、そして資金もあるのに、かなりの大企業は影が薄くなってゆく。そして一方、ダメな資源でも、組み合わせ次第で、大きな成果が出る。伸びる中小、ベンチャーは、まさにそうです。

経営者の責任は重要ですね。

料理人の腕は、ほんとに重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

広島~関西出張で、2泊3日。早寝早起きが、ちょっと狂って深夜まで呑み早起きですから、ちょっとペースが狂いますね。昨日は、東京に帰って、ビデオ撮影がある予定が、ありがたいことにスタッフがミスをしてくれていて、ビデオ撮影なし。ビデオ撮影は、わずか1時間未満で終わるのに、講演数回分くらい疲れますので、これは助かりました。ボクの体調のことを考えてミスをしてくれるスタッフがいるのは幸せですね。

さて今回の出張は、新しい新幹線を試すことも目的だったのですが、新しい新幹線には、各座席の窓側には、電源があるというわけで、これを狙って乗ってみたのです。

shinkansen01.jpg
■ありがたい新幹線700系…時間生産性が最高に

4月2日(水)、東京~広島は新幹線で4時間かかりますから、普通は空路を使う人が多いのではないでしょうか。ドア・ツー・ドアだと、3時間くらいになりますからね。それに多少は安い。

コスト面とかかる時間を考えると、間違いなく空路になるでしょう。

しかし私の場合は時間ビンボー症ですから、なにかをしてますので、そのなにかが、有効にできるかどうかが、鍵になります。

出張の時間生産性ですね。時間生産性とは、所定の時間にあげられる生産性のことです。

東京広島は4時間かかる。東京新大阪間でも2時間半かかって、長い。という人は多いのですが、私の場合、本を読むかパソコンに向かうか、どちらかの作業しかしません。(あっ、駅弁も食べますが…)

もっともスタッフといっしょの場合はビールを飲んだり、話をしたりしてますがね。自分ひとりのときの話です。

パソコンは電池の状況でアウトになってしまうこともあり、その結果、本や雑誌を読むため、PCか本を読む空間、交通機関上になるわけですね。

 

shinkansen02.jpg■空路と新幹線の時間生産性

ドア・ツー・ドアで東京広島は空路では3時間弱、新幹線は4時間半を超えます。同様に東京秋田も同じくらい。東京青森だと、空路は3時間弱、新幹線と在来線で5時間近くかかります。

問題は、その時間の中身ですね。

広島に行こうと思うと、

渋谷~羽田…タクシーかJR~京浜で、20分から45分

羽田……これが問題。羽田で搭乗手続きと待ち時間の時間がコマ切れ

機中……乗ればPC使えず、降下をはじめると再びPC使えず

広島……空港到着、バスを待ち、広島市内へ、これに軽く1時間以上

この時間のコマ切れは、まったく作業の中断そのものですね。ほんとうに都合が悪い。実際に使える時間は1時間もなりでしょうね。

集中して仕事はムリというもの空路では海外に行く以外生産性は最悪です。

こんなことで、私は新幹線や在来線中心になってしまうのですね。運賃はヤヤ高なのですが、どうしても新幹線を選んでしまいますね。

広島までの4時間、電池切れの心配なく、ほとんどPCにむかっていたのは、ほんとに初体験でした。

もっとも以前はPCで、かなりこまかい作業をしていたのですが、携帯用のノートPCでは、全画面表示もムリで、震動もあって、これはやはり目が疲れます。そのため最近は、細かい作業は新幹線上ではやりません。ほとんど文章の棒打ちか修正、メモ的な作業が中心になります。新しい仕事の目次立てを作製したり、いろいろ作業がありますから、これをやってれば、アッという間に4時間がたちます。

それを持ち帰ってスタンドアロンで編集するってやり方がベストですね。

それ以上に重要なのは、馬上・枕上・厠上の、知恵の出る場所でもあり、企画業務のネタ作りや組立てを考えるにはサイコーの場所には間違いありません。

 

ちなみに、窓側にしかありませんから、PCを使う人は、早めの予約が必要ですね。

なおグリーン車の場合は、窓側も通路側も使えます。真ん中の肘掛の先端下の部分に2つコンセントがあります。

電源があるありがたい新幹線になっていたのに、携帯の充電機が壊れて充電できなかったのには、アタマにきましたね。これは新幹線になんの落ち度もありませんが。

このブログは、東京に帰って後、写真もアップします。文字だけで失礼します。

■4月3日(木)…姫路→神戸→大阪

一昨日が小刻みの移動と、いろいろな方々にお会いしていた、ちょっとドタバタだったのか、昨日3日(木)には、スケジュールミスをしてしまいました。これはもうほんとうに予定されていた方に、大迷惑です。心からお詫びいたします。

もう借りをしっかりお返ししないと……

それにしても年に2,3回あるスケジュールミスをなんとかしないと…と、改めて思ったしだいでした。

いつものスケジュールミスは、ダブルブッキングがほとんどですが、今回は私の勘違い。

忙しいというのは、確かにミスをしますね。心して対応しないと……と考えた昨日でした。

ご迷惑をおかけしたのにも関わらず、スタッフの方々には、ほんとうに温かく対応していただいて恐縮でした。

昨日は、ご迷惑をおかけした神戸から大阪に入り、午後には退職準備中の方々、数名とお会いして、いろいろ今後のお話を聞いていました。もちろん対応策もいろいろ質問されましたが、みなさん、堅実でなかなか面白い第2の人生を考えておられましたね。

話しがはずんだのですが17時になると、なんばへ移動。

非常にひさしぶりの、大阪なんばでした。

さる分野の著名な方といっしょに道頓堀筋に行き、あの有名な大阪の顔『くいだおれ』の特別ルームに入って懐石料理などを頂戴しました。女将もお出ましになって、見事な接遇をうけましたが、老舗はやはり、すごいですね。

2次会は、じつに不思議な会員制の高級クラブ「O SEIRYU」。なぜか、ブラジル政府の観光局も一枚かんでるようなパンフレットもあり、ショータイムはブラジル・サンバのリズムでのダンス……それにしても、なんでこんな会員制クラブがあるのか、ほんとにびっくり。

さらに、その方のお供をして「もう1件!」…も明日になりそう!

失礼してホテルにむかいました。それにしてもひさしぶりの大阪の夜でした。

■4月4日(金/本日)大阪→京都→東京へ

さて昨夜は遅かったものの日ごろのクセで、朝5時起き。

いろいろ作業をしながら、このブログをあっぷして、これらから京都に向かいます。

そして午後、東京にむかい、夕刻には東京に帰ります。

東京に帰るとビデオ撮影が待ってるらしい。

エネルギーを温存して帰らないと……

■東京→広島→姫路

デジカメとれず、残念。

昨日は、広島、福山でいろいろな方とお会いして、17時ごろ、姫路に入りました。

姫路では、フォアマン増販情報センターの小野さんや、小野さんがMP講座でテーマにしてフットサル場が活性化した姫路のフットサル場の店長・定国さんにも、はじめてお会いし、さらに多くの姫路の人たちも集まって、いろいろなお話。

でも、姫路の活性化や、自社の活性化の話しでいろいろ盛り上がりました。

ずいぶん呑みましたね。

さらに、2次会は、これも小野さんがサポートして、増販増客実例集にも掲載されている「セパージュ」に行き、さらに楽しいひとときでした。

楽しい話題は、また出張途上でアップしますね。

これから、朝食会です。

 

それでは、また。

aprilbussinesstrip.jpg■4月2日・広島~関西出張
昨日はエイプリルフール。

しかし、なんの驚かされるような話も聞かないまま、今日は広島から関西への出張。
今日は、東京から新幹線でひとまず広島です。のぞみで4時間かかりますが、仕事しながら行きますので、実はアッという間で到着する感じですね。
ありがたいことに、最近は、どの席にも窓側はコンセント付きが増えているのでPCやケータイの電池切れがなく、仕事に没頭できますからホントにいいですね。
4時間、知恵を出せる場所にいられるわけですから。
いわゆる馬上・枕上・厠上のうちの馬上(車上)にあたるわけですからね。

各地で、いろいろな方々に会って、最後は姫路泊です。講演やセミナーがあると、多少疲れますが、今回はなし。
今夜の姫路では「呑んでも企画」のコーナーにアップするようなことがあるのでは。
楽しみです。
明日、4月3日は、神戸、京都、大阪とまわります。まだ確定していないものもありますが…
大阪では、3次会、4次会くらいまでセッティングされている感じで、ちょっと心配してますが、まあなんとか乗り切って、4月4日に東京に帰ります。

■月末、週2度の九州出張
月末は月例会ウィークで、九州月例会、関西月例会に出かける予定です。

その前日から長崎、佐賀と移動しつつ、またまたいろいろな皆さんとお会いします。
で、22日には、博多で月例会、夜は例によって懇親会で盛り上がるでしょう。そして翌朝、関西に移動し、関西月例会があり、終われば、またまた懇親会。終了後に東京に移動して渋谷は深夜着でしょうね。
ところがこの週は、木曜日は特別ゼミ、金曜日は東京月例会と息が抜けずに、土曜日には再度、博多に飛び、終日セミナーで終わります。
終わるとやはり懇親会。東京へは27日の朝、帰る予定です。と、書きながらちょっと心配になってきました。連休ですからね。チケットの手配がちょっと心配ですね。

結局、懇親会の話しばかりでしたね。でも「呑んでも企画」です。

呑むほどに知恵が出ますからね。

■ 3月31日(月)……ひさびさの外鍋は「水炊き」
あるプロジェクトの起ち上げを手伝っていますが、そろそろ直前になってきています。あと1ヶ月半くらいか…その件で16時過ぎから来客があり、その細かいツメのひとつをしていました。
ターゲットを具体的にツメる作業ですね。
細かい作業が一段落した18時過ぎには、ひさびさの外鍋に出かけました。書斎で皆さんにふるまうのが私流なのですが、今回は外鍋。
20080331mizudaki.jpg

かれこれ10年以上は行っている青山通りをちょっと一筋入ったところにある、お店で「水炊き」と「焼き鳥」のお店です。ま、ほとんど水炊きが評判がいい「酒井」というお店
「水炊き 酒井」でグーグルを検索してみると、なんとなんと、8800件もヒットするので驚きましたね。

この冬は、けっこう断られて他の店に行きました。

以前は、ママに「ヒマ~」とか「もっと人連れて来なさいよー。来ないとウチ潰れるわよー」

なんて、脅されてちょくちょく行ってたのに、この1、2年は、そんな話はなくて電話すると、「ふふふ…今日はいっぱいよ…」。

と軽く断られることが多くなりました。

ネットに8800件も書き込みがあれば、それはすごいですよね。

ママもそれが自慢らしいですね。ネットがうまく機能したケースですよ、この店が満杯になるのは。

水炊きの店は、東京ではそうそうありませんからね。希少価値とネットの整合性は非常にいい相性ですね。

やはり、渋谷でもんじゃの店「ゲロゲロ」は流行るのでは

水炊きは、九州の人たちは好んで行きますが、東京には少ないですね。九州は博多の水炊き専門店に「いろは」がありますが、私は博多に行くとちょくちょく行きますが、これは絶品ですね。

ところで水炊きは、ウチ鍋(自分ちでつくる鍋)はちょっとムリですね。

なんたって、水炊きの調理法は、長時間かかります。スピードクッキングの私の作法には、そうとう真逆の作法。

骨付きカシワをとにかく炊き込んで、上に浮かんでくる脂質をとりにとる。鳥の脂ってのは、黄色い脂で次々浮かんできますからね。これをひたすらすくってくのですよ。これだけで数時間かかる話ですから、私んちではムリというもの。

で、外鍋で美味しく頂きます。

骨付きカシワでとったスープ。それにダシガラに近いカシワが入って、そこに白菜、しいたけ、えのき、菊菜など、よくある鍋の素材を入れてつくるわけですね。とり皿にはポン酢。

とにかく、けっこうイケます。

■どれだけの企画がここで生まれたか

私の事務所は、この10年で4ヶ所は変わってますね。職住接近で生活しているので、自宅も5ヶ所くらいは変わったかな?で、この店は、常に事務所、自宅から5分圏内にありますね。

昔から私の事務所は千客万来だったので仕事のあと、スタッフやお客様や知人……とにかく多くの人を連れていきましたね。で、お店ですからね。食べて呑んでますが、もちろん話ははずんで、内容は大半が仕事の話。

どう工夫するか、どんなツールを組み立てるか、ターゲットとはずれないか?……もうCTPTマーケティングそのまんま。ここで仕事のヒントが出たこともあったり、私の企画内容が、スタッフの腑に落ちない場合、文字通り水炊きと一緒に腑に落としてしまったことは多々ありますね。

食事をしながら呑みながら企画談義をすると、腑に落ちないものも、物理的に腑に落ちちゃいますからね。

この店に限らずですが、酒を呑んでると、知恵の鍵やKFS(KeyFactor of Success)は続々と出てきますね。で、それを早朝起きたときにさらに思考回路を回す。で企画に組み立てる。長年つみあげてきた様々なキーワードや構造に、これらのヒントを流し込んで、さらにリニューアルする。人生おもしろいですね。

こういう呑み屋さんがなかったら、私の人生どうなっちゃってるんでしょうね。

 


 

 
■3月29日(土)MP講座受講の皆さんと、さらに……
東北から帰って、ちょっと書斎で仕事をして出力し、そのまま東京での重要な会議に出かけ、その社長さんと食事をしてタクシーにのって渋谷に向いました。
もう20時ごろ。
MP講座の懇親会は到着すると、お開き寸前の状態。
MP講座は第3課題を終えた段階なので、みなさん、かなり佳境に入っている段階でしょうね。みなさんの雰囲気を見てるとそんな熱気が伝わってきました。
なお、もう一軒。
という雰囲気で私のまわりに皆さん来たものだから、それじゃあ……っというわけで、私のマンションの近くにある店「PinkCow」に行きました……というのは、先日のブログに書いた通り。
2008.0329MPinPinkCow.jpg
■ 外人さん経営のお店の良さ
外人が経営しているっていうと六本木や新宿あたりの怪しげなバーなどを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、私がタマに行くこのお店は、非常に素敵な店ですね。
ちょっと汚いのはタマにキズ……いやいや愛嬌のうちですが。
ここで私は、出張から帰ったり、出先から帰って、夜も11時近くなるときなどには自宅の部屋で寝酒を飲むのではなく、ここでギネスを1杯とか、ウィスキーのショットを1杯だけ飲んで帰る……ってことをすることがあります。
ギネス1杯、800円くらいですね。
これがいい。
この店の公用語は、ほとんど英語ですから英語を勉強したい人は、さらにいいでしょうね。英語のレッスンは800円では受けられませんよね。
日本の店で、ちょっと1杯とスナックに入ると、普通に5000円から……ってな金額になっちゃいますから、寝酒で5000円はありませんよね。それが800円。
キャッシュ・オン・デリバリーで、もう1杯呑んでも1600円。これは合理的でいいですよね。
なかには、頼まないのに次々おつまみが出てきて、すぐに1万円近くなってしまう店もありますよね。昔の銀座じゃないんだから……なんて思いながら飲むのは、冗談じゃありません。
■ MP後の懇親会
MP講座を終わったあとの懇親会。この懇親会は、だいたい100%近い懇親会出席率になりますね。そして第2、第3講座と会を重ねてゆくうちに、ものすごい盛り上がりようです。戦友状態。
MP講座の受講者の皆さんは、それぞれ目標が違うものの目標に向うスタンスは受講中、間違いなく一緒ですから、戦友状態。同期の桜状態ですね。
ちょっと表現が古過ぎるか……反省。
ま、この外人さんのお店で、めずらしく日本語でしゃべっている人がたくさんまとまった夜のひとときでした。
後で聞くと、どうやら23時過ぎまでやってたみたいですね。
まあ、懸命に企画立案してプレゼンし、一段落した日ですから、23時くらいまで議論していろいろ時を過ごすのは「呑んでも企画」ということで、いいですね。
その後、どっかに行った人もいるかもね。
まだ聞いてませんが…
私が夜更しは身体に悪いぞ!…としばしば言うので、たぶん私には聞こえて来ないかもしれませんね。






このアーカイブについて

このページには、2008年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年3月です。

次のアーカイブは2008年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。