突然、書籍が贈られてきました

kikakushoshokyuu01.jpg

■突然、書籍が……

10日前くらいでしょうか。突然にダイヤモンド社から、印税振り込みます…ってお話のメールが…。

なんだろうなと見ると、台湾と韓国での翻訳本が、なんとかかんとか……と、書いてあったので、あまり確認しないでいると、数日後には、本が贈られてきました。

見たこともない本ですよ。もちろん。

でも高橋憲行って、わたしの名前がありますからね。

読めるようで、イマイチ読めません。

高橋憲行・企画書聖経……ってタイトルですが、最後の聖経は、なんだろう。なんとなくバイブルって感じかな?なんて感じで、本文をめくると、なつかしい。

なんせ図版はわかりますからね。

もちろんわたしが制作した図版です。イラストも……

「企画書・初級編」ダイヤモンド社2001年10月(下の写真)

052kikakushoshokyuu02.jpgが、中国語(台湾で出版)になって、もどってきました。

 

でタイトルの前に詹宏志最推薦的日本主席企画大師??

と、まくら言葉がついてる。

詹宏志さんが私のことを推奨するにあたって

「もっとも推薦の日本ナンバーワンの企画の大先生……」

ってな意味でしょうね。なんか穴があったら入りたい感じですよ。

詹さんは、網路家庭薫事長ですが、日本語で言うと、「ネットワーク(PC)ホーム」編集長って感じなのかな? 台湾では有名なPC雑誌の編集長です。

わたしも何度か台湾であったことがあり、いやいや懐かしいですね。

あと、政治大学科技管理研究所教授の李仁芳先生が、推薦してくれてますが、この方もたぶん会ってますね。翻訳者の周さんという人には会った記憶はないですねえ……

ま、ともかくこれで、10何冊目かの本ですが、2000年ごろからは、台湾からも印税が支払われるようになりましたが、昔のわたしの本は海賊版ばかり、半分以上は海賊版で台湾から出版されています。大陸のほうでもかなり読まれていて、政府高官のなかで私の本を読んでるのが、かなりいるみたいです。

ま、ともかくこれでこの本は、世界の4分の1の人が読めるチャンスがあるってことですね。

そうそう、企画塾OBの金栄吉さんが、「企画書実践実例集」を韓国語版に翻訳しているような話を聞いているのですが、あれはどうなってるんだろう?……ちなみにキムヨンキルさんと発音しますのでね。企画塾のヨン様と呼ばれてますが。

翻訳の進捗状況を金さんに聞いてみなくっちゃ。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 突然、書籍が贈られてきました

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/95

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年3月22日 08:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「20日は、歯科医院むけのセミナーでした」です。

次のブログ記事は「3月22日(土)Z塾…メルマガコンサルタント平野さんご登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。