ビジネスでは、どんな図解が有効か

007senryakuhasso.JPG

■ビジネスは図解(キーワードのバージョンアップ)

今日は前回の「キーワードを進化させてビジネスへ」に続きです。

キーワードを本格的に活用すると図解に展開することになります。

図解をビジネスに(というよりビジネス書など著作などで)本格化させたのは、知っている人は知っているわけですが、たぶん私だろうと思います。

もうかれこれ25年以上になると思いますが、私自身はビジネスの現場では、30年以上前から使っていました。しかし、人はそう簡単にオリジナルを作り出せるわけではありません。

当時、図解はQC(品質管理)、TQC(総合品質管理)など、どちらかと言えば、技術系や生産系の分野で多用されはじめていましたが、営業や経営に近い分野では、ほとんど図解は使われてはいませんでした。ほとんどが、箇条書きの文書、論文調。あとはビジネスですから、数字です008jidainokouzou.JPGね。当時はまだ、エクセルはありませんでした。

30代の前半くらいから、営業系や経営系などへ、図解を本格的に導入して、けっこう経営者や関係者から喜ばれていました。もしオリジナルがあるとすれば

・企画書という書式に体系化したこと

・ビジネス書(著作)に図解を満載したこと

ということかもしれません。それ以上に、おそらく著作が大ヒットしてくれたことが大きいでしょうね。最初の写真は、図解満載で著した『戦略発想時代の企画力』(1984年3月)

これがヒットしたので続いて見開き半分が、すべて図版かイラスト。さらに横書きという書が

『時代の構造が見える企画書』(1984年10月)

ですが、図版が多い、横書きというのはヒットしないというのが出版社のジンクスでしたが、これが破られた。

双方とも爆発的にヒットし、とくに『時代の……』は、1985年、実務書ではナンバーワン。社会経済書などを含めたビジネス書でベスト8になり、当時有名だった『アイアコッカ』より売れたから、それはそれは、驚かれました。

ま、こうして図解した「企画書」が続々と市場にあふれるようになったのですが、私の意に反して、広告代理店や印刷会社といったところが提案書レベルのものに「企画書」と表記してあちこち営業にまわるという事態となります。まあ、ひろく流布するにはいいのですが、私は企業内の営業系、事務系、経営系の、ことに営業系(マーケティング系)の本格展開への活用を期待していたのですがね。

前置きが長くなったので、この手の話は、どこか別の機会に。

zukaisoran.jpg■図解の種類

ビジネスに使う図解は、前回の「キーワード…」に示した図解の下部にシンボリックに表現していた図です。これはぞれぞれ

「変移図」「関係(関連)図」「相関図」「座標図」

の4つです。加えて補完すれば、「因果図」「段階図」さらに「表・グラフ」「絵図(アイコン)」が加わります。

これを解説してゆきましょう。

・因果図、段階図は、『~ならば~である』という因果関係の展開で論旨を結論に導く特性がありますね。典型的には企画書や報告書の構造として利用されます。文書をダラダラ書いたり、箇条書きにするよりも、ボックスを描いて、→で関係性を描けば、受け手に非常に分かりやすくなりますね。

・変移図の話をしましょう。変移図は、たとえばヨコ軸に時間(年、月、日など)を、タテ軸に金額を置いたグラフなどは、よく見ますね。このところ毎日、円高ドル安が続いており、また株安ですね。そして為替・株の相場が時間の経過と共に変動しているグラフなどが出ますね。

このように時間にそって「変移」している図が、この変移図です。いろいろなタイプがありますが、ここではまず簡潔な説明で次に行きますね。

・関係図は、いろいろなタイプがあり、順次説明します。

・垂直関係図とは、情報を階層性で分類され、関係線で結ばれて構造を示す図解。典型的には組織図があげられますね。また組立図なども。

・階層図とは、もっともわかりやすいのがピラミッド表記する図解。階層性はあるが、相互関係は薄く、上下や価格の高低など階層関係の比較対象として表現されるもの。

・順位関係図とは、階層性よりも順位性が分析対象となり、そのなかからコンセプトを見つける。パレート法、因子分析での固有値などが代表的ですね。一般的にはちょっと馴染み薄かもね。

・水平関係図とは、情報を類似性で分類され、整理された情報群として表現されるものです。TQCではよく利用された特性要因図やKJ法もこの代表的なものですね。

・流れ図は、フローチャートといったほうがいいかも。仕事の流れを描くのは代表的。また建築や土木で使うパート図などもポピュラー。

・網状図とは、通信回線やLANなど、様々なネットワークが代表的でコミュニケーション網を表現しますね。

・循環図とは、ビジネスは供給、事業体、消費のなかへのヒト、モノ、カネ、情報の循環的繰り返しで成り立つ。血液循環や水循環なども。企画塾では、基本システムはこの図で描きます。

・相関図とは、分類されたパラメータ(変数)を軸とし、ウインドウに情報を置くと、様々な判断が可能になる。いわゆるマトリクス。

・座標図とは、地図などが代表的である。縦軸横軸に尺度をもち、そのなかへ情報を置くと位置関係が明解に。

・表・グラフは、関係図などとも似ていますが、ひとまず別分類としてもたてておきます。データを一覧にする表、それを図解するグラフは、データを分析する初歩ですね。
・絵図(アイコン)は、シンボル、サイン、マーク、イラストなどを代表的に、みればすぐわかるようイメージを訴求する図解ですね。世の中、複雑になると、こうした絵図があふれます。都市には、地下鉄や鉄道ほかビルの中でも、これが溢れていますね。

■キーワードがプラグイン

さて、なぜキーワードが図解なの?……って感じた人があるでしょう。

じつは、この図解の精度が高いものには、キーワードが上手にプラグインされているのです。たとえば相関図のタテ軸、ヨコ軸になにを置くかで、いろいろな知恵の出方は違います。また分析能力は違ってきますね。

ちょっと長くなったのでこのくらいにしておきましょう。

ではまた。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ビジネスでは、どんな図解が有効か

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/91

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年3月18日 07:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梅ごま鍋」です。

次のブログ記事は「楽しすぎるパーティ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。