企画曼陀羅というキーワード空間

 ■「企画曼陀羅」9象限

わたしの作成している「企画曼荼羅」という図解ワールドがあることを、ご存知の方もかなり多いですね。もっとも20年ちかく前から、私の著作に触れたことのある方に限られますが……

「企画曼陀羅」は1992年に制作して発表したものでA2判近いサイズの大判ですが、これにギッシリと細かい事象を描いています。発表以前に概念はあったわけで、いつごろから持っていたのかは、定ではあませんが、曼陀羅の中に封じ込めているさまざまなものを見ると、おそらく、1980年代に入ったころにぼんやり作ったと思います。

自分の世界観を、多少明確にしておこうと曼陀羅にしたのが、1992年ですね。

80年に書いた「先見力101の法則」(日本実業出版社)とか、84年に「戦略発想時代の企画力」(実務教育出版)のなかにもいろいろと紹介したものが、この中に封じ込められています。キーワードをタテ軸、ヨコ軸と組み合わせていますが、これは各3つの分け、9象限のマトリクス状に表現しています。

9象限とは、そのマトリクスのウインドウズ(窓)の中に、それぞれ、目標、価値、舞台、創造、実践、言語、観察、顧客(市場)、資源という9つを表現しています。これもキーワードですが、もっともキーワードにしては大きいテーマすぎますがね。

この曼陀羅の窓を動きながら人や企業、さらには国家も、いろいろと紆余曲折し、成功や失敗、喜怒哀楽もあるわけです。

なにもキーワードがないまま動き回っていると、人生はちょっとさびしいかもしれませんね。

しかし、いまどこをやっているのかを明確にわかりながらやると、これが成功につながるのではと思いますね。

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ

という名言がありますが、曼陀羅はいわば地図ですね。すると

賢者は地図を持ち、愚者は地図を持たない

ともいえるでしょう。経営計画を持つ会社と、経営計画を持たない会社では、天地の開きができることも同じですね。

歴史は、人類の何世代にもわたっての経験と事実の検証ですが、愚者の経験とは、自分だけの世界での出来事にすぎないわけですね。そして地図は、大きくは世界であり地球であり、さらに大きな宇宙もあります。

別の言い方をすれば、歴史は時間、地図は空間です。地図は物理的なものだけに限りませんよね。イメージや意識も地図にすることができます。企画曼陀羅は地図でもあり、その地図になかに歴史も封じ込めて見えるように工夫してます。

manndara02.jpg

■企画曼陀羅の概要

この曼陀羅を、さらに少し、細かく見てみます。
9象限の大目標に該当するところを見てみましょう。その大目標のなかに、目標、人間科学や自然科学、サクセスの公式やテーマ、そして夢や意識など、いろいろなものが設定されています。

この目標のなかには、いつ死ぬか……という人生修了をセットアップします。それまでの間になにをなすべきかを企画する、「人生企画」という分野があることは、ご存知ですね。企画塾の、かつての「企画塾通信講座」現在の「MP養成特別講座」で、必ず人生企画があるのはご存知ですね。

「人生企画」は、ちょっとうさんくさく感じる人がいるのですが、事業企画や経営計画はビジネスマンなら、ダレでもやりますよね。ということは、「人生企画」の、かなり短い3年計画が「経営計画の長期」で、1年になると「第○期経営計画」となるはずです。中小企業の経営計画は人生企画そのものですからね。

起業家、起業したい人にとって、人生企画は必須で、サラリーマンだって商品企画やHPの企画をすることは、自分の人生のヒトコマのはず。会社の経営計画の一環、ヒトコマに、事業部別の計画があり、その一環として商品企画や季節ごとにイベント企画がありますね。いろいろ細分化されるわけです。

最近、会計事務所やコンサルタントの間で、事業承継支援や事業承継コンサル業務が盛んです。

法改正もあって、中小企業の事業承継がベンチャーへの出資と同様に、優遇されることになりましたね。この事業承継というのは、じつは人生企画を親子で繋ぐ、子孫で繋ぐという流れになるわけですね。

ですから、この1象限だけでも奥が深い。キーワードを構造化していると、非常に面白い構造頭脳をつくることができます。

manndara011.jpg

 ■企画曼陀羅の1象限の詳細

さらに詳細に見てみます。上の「目標」象限の下には「着眼」象限があり、その部分だけを拡大してみましょう。まあ、これを見ると面倒になるでしょうが……と、いうよりこれでは見えませんねぇ……

いずれにしても、これらはブログを通じて、いろいろ解説していきますね。

キーワードの構造化、これは非常におもしろいですよ。

manndarachakugan01.jpg
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 企画曼陀羅というキーワード空間

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/70

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年3月 9日 07:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「しらたきの速攻鍋」です。

次のブログ記事は「火鍋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。