料理と企画

cook&kikaku01.jpg■料理と企画

料理と企画ってのは、ほんとによく似ているので、企画の段取りを料理にたとえるのですが、「料理と企画」のコーナーを充実させたので、まずは、そちらものぞいてみてください。

■どちらも、組み合わせの妙技

料理も企画も、その共通点を、ものすごく単純な表現をすると、組合わせの妙技ですね。

左の本は「ヘルシー5分間クッキング」(1995年)

右の本は「企画創造力大事典」(同じく1995年)

です。

料理は、素材の組み合わせと、料理法の組み合わせですね。

企画はというと、経営資源を上手に使って最少の資源の組み合わせで成果の最大化、最適化を図る。そのために、いろいろな組み合わせを考える。

この商品は、どう組み立てて作るか。素材から、工場の現場まで、組立てまた組立てですね。

この商品は、どう市場に出すか。すると告知(広告、広報、口コミ…)から、どの流通で、どんな営業、販売で、リベートからマージンまで考慮することになる。

それが大きな仕事になると、会社の内部事情もからんでくる。するとその会社の人たち、協力会社の人たちとの組み合わせになる。これは経営者の大仕事ですね。

■事前の段取りとして、「情報の引き出し」が必要

その組み合わせを即決即断して新しいものを作る。あるいは、料理のように、冷蔵庫のなかにあるものだけで処理をする…ってな際に必要なものが、情報の引き出し。

情報の引き出しってのは、引き出しに情報を入れとくわけではありません。

情報を次々繰り出す仮想空間を持つことです。

頭脳をグーグル以上にしておく必要があります。

そのために、自分流の引き出しをつくり、整理整頓しておくわけですね。そこを通過する情報を、処理する。

これは人には事前には見せられないですね。まずは自分の「脳内見える化」が必要です。そのためにどうするか。

次回から、そんな話を連発してゆきますね。

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 料理と企画

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/58

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月29日 07:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古い本と、Cook-onという考え方」です。

次のブログ記事は「企画のレッスン…01」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。