のこり鍋で、朝のミネストローネ

minestrone04.jpg

■ミネストローネで朝ごはん

ま、スープなのに朝ごはんという表現は奇妙ですが、まずは、朝食べるから朝ごはんでごめんなさい。

写真は、ミネストローネですね。

グラスにあるのは豆乳です。

今朝(24日)は5時起きくらいでしたか、それから仕事をしてて、ちょっとおなかがすいて仕事を一段落。朝の7時ごろですが、朝ごはんでも食べるか……ってことになりました。

■昨夜は、ワインdeすき焼き

昨夜は、お客様があって確か私の「ワインdeすき焼き」(ワインすき)が好minestrone01.jpgきだったよなあ…と思い出し、ワインdeすき焼きということにしました。

前に紹介した、ワインすきには、プチトマトの写真がありませんでしたが、ここには、入れてますね。

ワインすきだと、妙にトマトがあいます。

トマトでもプチトマト(ミニトマト)がいいですね。

煮立ってきて、少ししわしわになってきたころが食べごろです。

お客様と、話がはずんで、ホームパーティは終わりましたが、鍋のなかは、きれいになくなりましたが、ちょっと食材があまってました。

もちろん、その食材を捨てることなんかありません。

モッタイナイ!

minestrone03.jpg
企画も経営もモッタイナイ!……資源の最大限活用が企画であって経営ですからね。

写真にある食材を、昨夜、ラップをかけておき、冷蔵庫に置いておいたのですが、さっそく今朝、とりだして、ミネストローネの具材にすることにしました。

で、この具材は、たまねぎ、にんじん、まいたけ、ごぼうですね。あと、ニラがありますが、ニラは、ちょっとお昼に使うことにします。

本日はたぶん外にでることはなく、1日、ずーっと籠もって仕事でしょうから、昼ごはんの素材に使うことにします。

で、具材を鍋に入れて茹で上げます。

茹でてるあいだ、他の仕事をしてましょう。

minestrone02.jpg茹であがったころあいをみて、「ミネストローネの素」を入れて、ちょっとぐつぐつ3分間ほど煮込みます。これってメーカーはキューピーだったかな?

で、3分ほどたったら、美味しくいただきます。

 

私の場合、鍋の残りスープを使う場合が多いのですが、ワインすきなど、残り鍋のスープがない場合や、最後に雑炊を作って、スープが残らない場合がありますね。

そんなときのために、必ず写真のような味噌汁の素やスープの素を、けっこう多種多様用意しておいて、いつでも使えるようにしてます。

 

夕食も、朝も、自分で作るとほんとにローコストに食べられます。

シングルの人や、若い人こそ外食よりもスピードクッキングを覚えるといいのに……と、つくづく思います。

忙しいから外食をするのではなく、忙しいから料理をつくるんですよ

スピードクッキングで、とてもローコスト、そして楽しいですねぇ。

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: のこり鍋で、朝のミネストローネ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/52

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月24日 08:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「これはいったい何になるのでしょうか?」です。

次のブログ記事は「残り牡蠣の、朝のスープ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。