これはいったい何になるのでしょうか?

kbdairennzoku01.jpg

さて、これはいったい何になるのでしょうか?

いろいろ本棚や書斎をつくる話を紹介していますが、必ず端切れがでます。引っ越しして新しい部屋にあわせて設計しなおし、制作すると、また端切れがでます。

で、この端切れは絶対に捨てないですね。

ま、スタッフがじゃまだ……っていって捨てることはありますがね。

でもなんでも使えるんですよ……モッタイナイ……これはいまや、国際的に通用する言葉になりましたね。さて順を追っていきましょう。

①は、端切れを目的にあわせて採寸してカットし、コ字状に組み立てた制作物です。これは組立てってほどのものではなく、ビス止めしただけのものです。

手前でロール状態になっているのは、製本テープです。

②は製本テープを、制作物にあわせてカットしています。

③は、制作物の断面(これはノコで切った断面です)を、きれいに製本テープで貼ります

製本テープは、裏に粘着部分を保護しているシールがあり、これを剥がしています

では、製本テープを貼り、両サイドにもきっちり貼って、断面部分の小口をふさいだところで、さらにコーナー部分にはさみを入れて細かく貼りつけるための準備ですね。

では、しっかり貼り付け、小口がきれいに製本テープで貼りあげているところです。

のように、小口の一面が、きれいに貼れました

反対部分の小口もきれいに貼ります。

コ字状の部分もきれいに貼ります。

すべてのノコの切り口部分をきれいに貼りつけて

⑨のように、ちょっと台ができましたね。

これは、いったい何の台になるのでしょうか?

 

に示すのは、キーボードがふたつ並んでいます。

私の場合は、マックとウインドウズを双方使う必要があり、モニターは共用していますが、このキーボードで、机の面積が狭くなるのは困りますよね。

2003~4年ごろまでは、ほとんどのコンテンツは、マックに入っていて、そのころから徐々にウインドウズに移すという、面倒な作業をしていたのです。

この時間的ロスは、どうにもなりませんが、ウインドウズ全盛の時代になってしまってますから、これはもういたしかたない。

ただ、まだなおマックをのぞくことがあるので、捨てるわけにはいかないのです。

で、このキーボードがじゃま!

 

 

 

 

kbdai14.jpgこれをそのままにしておくわけにはいかないので、キーボード台をつくることにしたのです。

⑪は、上にウインドウズのキーボードが、下にマッキントッシュのキーボードがおかれています。

 

こうして、左の写真のように、すっきり収納できました。

作業に応じて、ウインドウズ、またマックを使うことになります。

ほんとは、どちらかでやれればいいのですがね。

いたしかたなく、こんな工夫をせざるをえない状況なので……ま、板のはぎれは、いろいろ活躍してくれますよ。

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: これはいったい何になるのでしょうか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/51

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月23日 08:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「京都すばる高校・企画科を訪問」です。

次のブログ記事は「のこり鍋で、朝のミネストローネ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。