懇親会は酒談義

2008.0216ptkenkonnsinnkai101.jpg

企画塾のセミナーなどがあると、必ず懇親会がセッティングされます。

なにも、飲むのが目的ではありません。あくまで懇親です。

で、セミナーや堅めの話をここでやわらかくすること。それにセミナーや講演のあと講師なども参加してもらい、気軽に話の延長で質問も核心をつけたりするわけですね。また昼間は、どうしても左脳ばかり使ってますから、ここで右脳型にすることも非常に重要です。

朝から晩まで左脳だけ使ってたら、ただのカタブツでしかないでしょ。

■先週土曜日(16日)Z塾後の懇親会光景

さて、先週の土曜日、16日には毎月のZ塾が開催されていました。

Z塾は、PT研という企画塾の提唱するCTPTMarketingの重要なコアになるPTを主にスタディする目的の研究会で、毎月集まっています。

2008.0216ptkenkonnsinnkai03.jpg制作会社、企画会社、印刷会社が主たるメンバーですが、コンサルタントや企業の経営者の人たちも集まってますね。

そして今年からは、ちょっと趣向をかえて、講師の招聘もして、ちょっとユニークな切り口をもってそうな方々をお呼びして講演してもらうコーナーを設けました。

私の話だけでは、みなさん飽きておられるでしょうから、新しい仕組みを導入しつつあります。

PT研の話が長くなりましたね。

■懇親会の効用

懇親会の話ですが、懇親会は酒を飲む場所ではありません。酒は単なるメディア。このメディアを有効活用していろいろ交流する場ですね。

右脳も左脳もグジャグジャになる効用は、計り知れません。

異業種の方々が集まっている場合、この懇親会で、仕事が発生することは、希ではありませんからね。また同業種の方々でも、勝手に同業種と考えているだけで、ビミョーに違っていて、非常にいい情報交換になり、コラボも派生します。

それが懇親会です。参加者の方も主宰の方も上手に活用しましょう。

主宰する人たちで、地方の方々は道交法が変わって、厳しくなったから懇親会には人が来ないんですよ……

という人が多いのですが、それはもったいない。

車を置いてくるか、運転代行を使ってでも来たほうがいい!……そんな懇親会ですよ!

というくらいに重きを置くべきでしょうね。

16日のZ塾にご参加されていたのは、30名少々でしたか。半数以上の人が参加されて、楽しいひと時でした。

 

●ちなみに酒談義処は事務所のすぐそばの宮益坂を少し上った渋谷郵便局の前「陳麻家」

なんか毎回、ここでやってるようです。

 

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 懇親会は酒談義

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/45

» 懇親会of企画塾Z塾(JMMO-PT研)@麻辣屋 宮益坂店(いいづか☆こういちの「気まま空間」)~のトラックバック

もう六年間の付き合いとなる企画塾『Z塾』の懇親会(JMMO-PT研)を、 麻辣屋 宮益坂店でやってます。 懇親会で培った人脈は、計り知れません。 ... 続きを読む

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月19日 15:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「書斎からの光景……夕暮れの富士山」です。

次のブログ記事は「常夜鍋でひとり鍋(再掲!)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。