常夜鍋でひとり鍋(再掲!)

joyanabe100.jpg

このブログは、再掲です!

作業中、しくじって削除してしまいました。失礼!

というわけで、再掲します。

料理の基本は、温かいものを食し、身体を冷やさないこと、多様な食材をとり、繊維質をとること。で、毎日続けるには、超スピードクッキングをすること。で、ホームパーティで人をもてなすこと。友人の同じ食生活になれば、きっと体調バツグンになりますよね。それと、アルコールも水割り、ロックはご法度(最低でも常温)。

ホームパーティ…っていいながら、昨夜(18日)は、ひさびさの一人鍋。

で、料理は企画だ!……っと意気込んで冷蔵庫を見ると、あまりに食材が貧弱。じゃあ、最低レベルでできる一人鍋は?

って考えると、これはもう常夜鍋しかない。

というわけで、新しい実験鍋をつくるのをあきらめ、常夜鍋にすることになりました。

joyanabe102.jpg

常夜鍋は大根のすりおろしを使うケースもあるようですが、常夜鍋の由来は、

「毎晩食べても飽きない鍋」だから「常夜鍋」

ということらしいのですが、わたし的には、毎晩作っても調理時間がめちゃくちゃ少ない、しかしその割りには、リッチな感じで食べられる。

ってのがポイントではないでしょうか。常夜鍋は、鍋というだけで準備がいらない。

さらに材料は、ほうれん草が基本で、場合によってほうれん草だけでもOK!

という超スピードクッキングですからね。

joyanabe101.jpgようは、手抜きができるから毎晩できる。だから「常夜鍋」

 

もう、3~5分で準備OKです

 

それを強調するわけでもありませんが、最初の写真にあるように、スーパーのパックでそのままjoyanabe103.jpg出してますよ。ひとり鍋ならOKですよね。

■にんにく醤油で下味

例によって、私はにんにく醤油を使い、水とお酒を気分で量をコントロールして炊きますが、常夜鍋の下味は、こんぶ出汁でも、かつお出汁でもいいでしょう。

まあ、自分流でつくるのがいいですね。

 joyanabe104.jpg■大胆にほうれん草を

ここでは多少、根菜類も用意しましたが、煮立ってきたらほうれん草です。ほうれん草も、さっと洗ってそのまま鍋です。ゆがいて出すってこともしません。

 

ダイナミックにやっちゃいましょう。

で、用意したのは、豚肉です。ま、ひとり鍋ですからね。気楽にいただきます。ちょっと本でも読みながらね。

とり皿には、ポン酢でいいでしょうね。

ゆず胡椒でも添えてね。

料理も企画、生活も企画、もちろん仕事も企画です。

しっかり続けれらてパワーアップできる仕組みにするのが肝心ですね。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 常夜鍋でひとり鍋(再掲!)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月20日 05:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「懇親会は酒談義」です。

次のブログ記事は「書籍のプレゼント!……なんと世界は狭い!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。