月例会&バレンタイン・ウィーク

昨日、2008年2月14日(木)は、バレンタインでしたね。

男性の皆さん、デスクが義理チョコで溢れたのでは。

2008.0214seminar01.jpg
ところで今週と来週は月例会ウィークです。

今日(15日)は、JMMOの月例会です。

JMMOの月例会の前日(昨日)は、地方から出てきていただく方もあるので月例会前日に、特別ゼミを開催しています。

従って昨日は「特別ゼミ」。今日は「JMMO月例会」明日は「Z塾」と、

3日連続でセミナーが続き、かつ終わると懇親会という3日間です。

もっとも一昨日の火曜日が、朝からクライアント主催のMP講座があり、朝から17時までびっしり。で、書斎に帰って、18時から増販情報センター用のビデオ撮影。終わって19時から会食という……4日間ぶっ続けです。

おっと、日曜日にもクライアントとの会議が午後、目一杯あってあとは私の鍋料理をかこむことになってるので5日間ですね。

もっとも、先月の8000km移動のスケジュールに比べると、気楽な感じですが。

さらに来週、スタッフは博多、名古屋と月例会に出かけますが、私は、名古屋の月例会に出席し、翌日は京都ですね。

■会計事務所向け…「1億円事務所へ、3億円事務所への戦略的ロードマップ」刊行

で、特別ゼミですが、今月末に刊行する「1億円事務所へ、3億円事務所への戦略的ロードマップ」という長いタイトルの本をまとめ、刊行しますが、その内容説明会といったセミナーでした。

会計事務所の経営も厳しい競争にさらされる時代に入ってきましたから、一般企業の競争戦略を明確に意識して、事務所経営をする時代になり、その戦略を明確にとらなければ、厳しい時代に入っている。その傾向と対策というわけです。

1億円事務所というのは、企画会社、制作会社、コンサルタント会社でも、ひとつの壁ですね。

会計事務所は、10人で1億円、企画会社、制作会社は、6,7人で1億円が、ひとつの指標でしょう。

コンサルタント会社にいたっては、1億円の壁どころか、4,5人で3000万円が超えられない。ワンマンコンサル会社が多いわけですから、1億円突破は、かなり厳しいかもしれません。

本書は、とくに会計事務所の方々に焦点をあてて、書き下ろしていますが、13事務所の取材も行ってケーススタディとして収録しています。5億円を超えている事務所も数社取材していますが、明確な戦略と意思がないと突破できないことがよくわかります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

で、バレンタインですが。すごいサイズのチョコを頂きました

サイズは、下のケータイと比べてください。40cm×20cmくらい。厚さは1cmくらいですが、なんせデカイ。

2008.0214valentine01.jpgなんと、こんなチョコもあるのですね。

なんか、こんなサイズで贈られると、「喰え~」って感じですよね。それはもう迫力以外のなにものではありません。

この一言で、贈り主からは、来年はないだろうなぁ……。

 

ところでこのバレンタインは、西暦270年2月14日に、ローマ皇帝から殺された聖バレンタインにちなむもの。兵士の士気も考え、兵士の結婚を制限していたローマ皇帝に反し、兵士の結婚を積極的にすすめていたことから殉教し、これからバレンタインデーが愛の告白の日となります。

で、日本では、なんでチョコか。

これは、2月の売上はニッパチといって売上がない。というわけでイベント化を考えて伊勢丹が最初にはじめたようですね。

1958年、新宿伊勢丹のバレンタインセールは、3日間でわずかチョコ5枚、売上計170円だったようですね。

それがいまや、チョコだけで、業界は400億円とも500億円とも言われます。

う~む、継続は力ですね。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 月例会&バレンタイン・ウィーク

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月15日 06:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「手作り指し棒」です。

次のブログ記事は「いくら雑炊と、賞味期限」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。