おつまみにグー!……トッピングハムチーズ

これって、寝酒のつまみに、またパーティー料理用に、クセになりますよ。

似たようなものは、きっとあるでしょうが、料理本であまり遭遇してないので、勝手に名前をつけました。題して

■「トッピングハムチーズ

つまみハムチーズ01.jpgご覧のように、盛り付けちゃいましたが、なにしろおつまみ、「寝酒の友」ですから寝酒も写真に出てますが、これは

「千年の響」

これって沖縄の泡盛ですね。今帰仁酒造のクースーです。誰かにもらって、ちょっと気に入って、また買いましたが25度をシャンパングラスで生のまんまいただきます。

今帰仁って、読めますか? なんと(なきじん)って読むんですよ。場所は沖縄の北部で、伊江島のほうに突き出た、丸っこい半島がありますね。

あそこが今帰仁村ですね。

で、「千年の響」には45度のヤツもありますが、こっちのほうがいいのですが、写真は25度のものですね。

ちなみに45度も生のまま、ストレートで呑むのがいい。

今帰仁酒造のHPには、ロックか水割りで…って書いてありますが、生のまま、ストレートが最適です。身体を冷やす呑み方をすると呑兵衛の方は、身体を冷やし、結果、低体温になり、免疫力を低くしますよ。

ご存知でしょ?…体温は低くなると急激にガンの発生率が高くなるってお話。

■2000年、沖縄サミットご用達の泡盛・宮里酒造所の「春雨」18年もの

とろで、泡盛といえば、沖縄サミットのとき、乾杯につかわれたのが、宮里酒造所の「春雨」18年ものらしい。

内閣府の仕事で沖縄に行ってるときに、宮里さん、懇親会で隣の席だった。話を聞くと、ぜんぜん色気がなくて沖縄サミットご用達もほとんど告知しないのだそうです。商売っ気ないのが、沖縄なのかなあ……

宮里さんいわく「製造がおっつかないし…」といいながら普通の(安い)値段で売ってるから、ああもったいない。

森以蔵なみの値段でも売れるんじゃないのかなぁ…。宮里さん、もっと稼いでくださいね。ひどい酒でももっともっと稼いでる酒造メーカーが多いんだから。

つまみハムチーズ02.jpg

■トッピング・ハムチーズの作り方

お酒の話はとまりませんね。トッピングハムチーズの話でした。これも超速ですから簡単のお話ししましょうね。まずは、ハムをのせますね。最近は四角いハムもあるので、そちらのほうがいいかもしれませんが、レンジに入るサイズの大皿にハムをのせます。

で、その上にスライスチーズをそれぞれのせましょう。

 

つまみハムチーズ03.jpg

レンジで1分ほどあたためます。(オバサマは「チン」するというらしいですがね)

もっともレンジはワット数でかなり違いますので、1分は、アバウトに考えてください。それにチーズのふんわり感の好みは、個人差がありますからね。

それと、最初に始めるひとは、この写真のように、いきなり3枚のせないで、まずは1枚でやって、どんなものか調子をみた上でやってください。それがベストです。で、自分流の好みをさぐってくださいね。1,2度の失敗と、試行錯誤をお勧めします。

 つまみハムチーズ04.jpg

料理も企画も、、失敗も、人生も成功の母ですよ。

成功とは失敗の連続で、最後にうまくいけばいいわけでね。

松下幸之助さんも言ってますよ。「成功の秘訣は、続けること、成功するまで続ける」ってね。これは仕事のプロへの名言ですねぇ……。料理にも通用しますよね。

ま、そんなことはともかく、レンジからとりだしたハムチーズの上に、ちょっと賞味期限がきれそうな、いわ海苔や明太子をのせます。こんなときに賞味期限切れや寸前を使って冷蔵庫の掃除をこころがけましょう。なんせアルコール消毒するこですしね。

 つまみハムチーズ05.jpg

小さく1枚のハムチーズに4つくらいのせましょうね。

  で、ハムチーズの、チーズからはみ出した部分を切り、そしてハムチーズを4つ切りにします。

切りながら、包丁の先っぽに、トッピング付きの4つ切りハムチーズをちょこっとのせて、そのままお皿に盛り付けてゆきましょう。

 

つまみハムチーズ06.jpg

次々のせてゆくと、

ご覧のように12枚の小さなトッピングハムチーズが整列しますね。

切れっ端のハムものせてみましょう。もったいないですからね。まあ、ときどき作ってる最中に食べちゃうことが多いですがね。

ま、ともかく、写真のようにできあがりましたよね。

 

つまみハムチーズ07.jpg整列させたトッピングハムチーズを、そのままでもいいのですが、もちょっとひと工夫しましょう。その上にスプラウトをちょちょっとのせましょう。

ブロッコリーのスプラウトかなんかでいいでしょう。

ぱらぱらとのせます。

で写真のように完成ですね。

ではでは、テレビでもDVDでも観ながら、まあ、読みたい本があれば、それを読みながら、ちびちびと楽しむわけですね。

楽しいつまみがあれば、ひとり酒も一気に豊かになれます。

で一句。

テーブルを、彩る至福のひとり酒

今日もいろいろな皆さんに感謝して、豊かな眠りにつけますね。

明日は、日曜日ですが、4時おきで仕事かな。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: おつまみにグー!……トッピングハムチーズ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.expams.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする






このブログ記事について

このページは、高橋憲行が2008年2月10日 06:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MP14期がはじまる!……熱気ムンムン!」です。

次のブログ記事は「ブリの豆乳鍋」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。